89~90


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

89 :名無しさん:2009/11/19(木) 01:30:11 ID:lHq4taqQ
撫子「あれ?わたし死んじゃったんじゃなかったの?」
とーか「ここは死者のたまり場!魂の一時保管場所ですわ!…って私毎回言わなくてはいけませんの?!」
池田「というかものすんごいデジャビュだし!」
かじゅ「君は…そうか…済まなかった」
撫子「え?あ!ああああああああああああああああああ!!!!!!!!」
かじゅ「動転していたとはいえ銃を向けてしまったことは良くないことだった
     落ち着いたら正式に謝罪しようと思っていたが…ん?どうした?」
部長「そりゃ目の前でリアルタイムにばらばらにされた人間が目の前に出てきたら
   フラッシュバックするわよ…大丈夫?」
撫子「…あ、はい。大丈夫です…。紬さんは居ないん…ですね」
かじゅ「君と一緒にいた子か。あぁここに着てないところをみるに逃げおおせたようだな」
撫子「そうですか…」

撫子(…ヲタ談義できそうな人…居なさそうだなぁ…)

90 :名無しさん:2009/11/19(木) 04:07:57 ID:.wteMO8U
あずにゃん「紬さん…ムギ先輩と一緒にいたんですか!?」
撫子「そのムギ先輩というのはどんな人ですか?」
あずにゃん「えっと、私の部活の先輩で、おっとりとしてて、たくあんみたいな眉毛の女の人です」
撫子「あっ、はい、その人となら一緒にいました」
あずにゃん「その、ムギ先輩は…」
撫子「ここにいないということは、まだ大丈夫ですよ。それに…」
あずにゃん「…」
撫子「紬さんとはいっぱいヲタ談義をさせてもらいました」
あずにゃん「…はい?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。