3:59


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

59 :名無しさんなんだじぇ:2010/05/26(水) 03:24:09 ID:0SDIf5Dg
ゴースト「オーナーが黄昏ている為、今回の作戦指揮は私がとらせてもらいます」
ホンダム「……!」
ガンダムバカ「そうだな。オーナーにはゆっくり静養を取ってもらおう」
みっちー「それでどうナマスに切るのですか?爪先からですか?それとも脳天から徐々に輪切りに?
     あぁたまりませんねぇ!たぎりますねぇ!強き力に翻弄されるのもいいですが、蹂躙するのも素晴らしくいい!」


船ちゃん「それはええんやけど、誰やアンタ」
ヒイロ「ヒイロ・ユイ。ガンダムパイロットだ」
ガンダムバカ「彼は今回の作戦の外部協力者だ。口の堅さは保証する」
ゴースト「ガンダムバカならびにザ・自爆(仮)の提案した作戦を実行するには、まず控え室から目標を誘き出す必要がありますが…」
モンキー「それに関しては私に妙案がある!」
一同(うさんくせぇ…)


S「表にあんなのが待機しているのに外に出てたまるかよ‥‥っ!」
モクモクモク
S「お?なんだこりゃ!?煙?!催涙弾か!クソ!燻り出すつもりか?!」
モクモクモク
S「(クソッ‥‥!部屋中に完全に充満しやがった!)ゲホッゲホッ!し、しまった!吸い込んじまったァ!助けてくれぇッ!」


ガチャ


S「もう降参だ!こっちは丸腰だから助けてくれ!解毒剤を‥‥」




カッ




ヒイロ「任務完了…GNバスターランチャー残りエネルギー0」
みっちー「もう終わりですか。味気ない…」
ガンダムバカ「流石だな、モンキー。あのスモークは一体なんだ?」
モンキー「いや…うなぎの蒲焼の匂いで誘き出そうとしたのだが…毒?」
ゴースト「きっと思い込みの激しい人だったのでしょう。なにはともあれ、目標の完全消滅を確認!」


一同「「「「「一件落着!」」」」」


 【こうして、特攻野郎Sチームの活躍により黒人黒服Sの魔の手から死者スレは守られた!だが特攻野郎Sチームに平穏の日はない!】
 【ガンバレ特攻野郎!頼むぞ、僕らのSチーム!悪の主催が滅び平和が訪れる、その日まで!】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。