3:16、17


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

16 :名無しさんなんだじぇ:2010/05/17(月) 01:04:30 ID:x2r73Dbo
美穂エツァリ「ご主人様にばかり下働させられません。私がお掃除します」
部長「いいのよ、美穂子。これは私へ与えられた罰なんだから」
美穂エツァリ「でも、ご主人様はまだ疲れが取れてません!せめてお手伝いさせてください!」
セイバー「いや、私も結構ぼろぼろなんだが」
部長「…いい…」
美穂エツァリ「はい?」
部長「完璧よ、貴方!その頑固で我儘で押し付けがましくて親切で譲らなくて押し通す感じ!
   まさに美穂子よ!」
美穂エツァリ「ほ、本当ですか?!」
部長「えぇ!免許皆伝よ!よく頑張ったわ!」
美穂エツァリ「ありがとうございます、ご主人様!(感涙)」


アーチャー「なぁセイバー…あれは褒めているのか…?」
セイバー「よくは分からないが、ヒサの性癖にはぴったり合うようだ」


【エツァリ、免許皆伝】



17 :名無しさんなんだじぇ:2010/05/17(月) 02:00:56 ID:Yau/VMVo
玄霧「上手くいったようですね」
ヴァン「なぁ、お前何したんだ?」
玄霧「そう大したことではありません。ちょっとしたおまじないのようなものです」
ヴァン「普通に話してただけじゃなかったのか」
玄霧「彼は私に相談があると言いました。相談の内容は伏せますが、その時私は彼にこうアドバイスをしたのです
    …【自分を福路美穂子だと思え】ば、少しは気が楽になるんじゃないか、とね」
ヴァン「それだけであんなに変わるか? 普通」
玄霧「実際変わっていますが」
ヴァン「…まぁいいか。あんまり遊ぶなよ。じゃあな」
玄霧「えぇ。わかっています」


【玄霧、暗躍】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。