3:7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

7 :今週のけいおんを見た勢いで書いた。後悔は(ry:2010/05/16(日) 03:42:45 ID:KnxOYvdM
~~ν放課後ティータイム練習場~~
<♪神様に恋をしてた頃は
  こんな別れが来るとは思ってなかったよ
  もう二度と触れられないなら
  せめて最後に もう一度抱きしめて欲しかったよ
  It´s long long good-bye…~>

律「よし、少し休憩するか」
唯「……」
あずにゃん「どうしたんですか、唯先輩?」
唯「……ギー太ぁ」
ムギ「唯ちゃん…」
唯「会いたいよ、ギー太ぁ。ギー介にも慣れてきたけどまたギー太を引きたいよぉ…」
プリシラ「ギー太って確か唯ちゃんが愛用してるギターのことだっけ?」
あずにゃん「はい。唯先輩のギターで、添い寝をするほど大事にしてるんです」
美琴「ギターと添い寝かあ…なかなか想像しにくい光景ですね」
唯「ギー太ぁ、弦とか錆びてない?ネックも曲がってない?」
ムギ「唯ちゃん、本当にギー太のことを大事にしてたから辛そうね」
律「でもあれは暦さんが持ってんだよな…」
かじゅ「そしてそれがこっちに来るとすれば」
律「破壊されるしかないんだよなー」
唯「だからそれはダメーーっ!」
ムギ「唯ちゃん、どうどう」
あずにゃん「そういえば私のギター、結局あの会場にはないんですよね。メンテとか、大丈夫かなあ」
ムギ「それを言うなら私のキーボードも…」
律「ミオの奴はいいよなあ、自分のベースが手元に戻ってきたんだから」
唯「ギー太ぁ…」
かじゅ「複雑な話だな」
プリシラ「何とかしてあげたいけど、こればかりはどうにもならないわね…」
美琴「そうですね、何とかしたいですけど…」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。