2:175


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

175 :名無しせずにはいられないな:2010/04/23(金) 03:07:59 ID:FL7Be.D2
とーか「でも実際のところ、中野さんは伊達さんのこと、何とも思っていないんですの?」
梓「えっ? もういいじゃないですかぁ」
部長「でも、気になるところではあるわよね」
梓「わ、わたしには唯先輩が」
部長「ん~、じゃあ伊達さんの事は嫌い?」
梓「それは…恩人ですし、嫌いではないですけど…」
部長「ふーん、今はまだってとこかしらね」
かじゅ「それより、お前は刹那さんとその後どうなんだ?」
部長「え!?」
かじゅ「年も私達の三つ上。ちょうどいい年齢差じゃないか? まあ、何度か頭を打って性格が変わったりしたが」
真宵「刹那さんは顔もスタイルも悪くないですよね。いや、むしろ阿良々木さんなどと比べたらよほど男らしいと言えるでしょう」
撫子「あ、真宵ちゃん。普通に名前言った」
真宵「しまった。噛むのを忘れました!」
唯「いつものは、わざとなんだね」
美琴「そういえば、律さんはどうしたの?」
ムギ「元気にさせるんだって、キャスターさんが連れて行ったわ」
神原「わん!」
唯「ムギちゃん……それは?」
神原「神原駿河。今は琴吹さんのエロ奴隷だ!」


池田「なんだかんだで、結構盛り上がってるし」
リリーナ「池田さんは交ざらないんですの?」
池田「いや、なんか合宿とか、修学旅行とか思い出しちゃって…もう、どっちも出来ないんだなって思ったら……」ホロリ
リリーナ「池田さん……」



アッ――――――――――!!!



神原「お、律さんが元気になったみたいだな」
池田「……台無しだし」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。