2:113


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

113 :名無しせずにはいられないな:2010/04/13(火) 04:06:28 ID:r5E8gEuQ
~~ν放課後ティータイム練習場~~
<♪やばい止まれない止まらない
  昼に夜に朝に Sing Song Now
  みんな一緒にね 上昇すればいいよ Jump Jump
  掲げて Fun Fun
  想いを Shout Shout
  伝えよう ミスったらリハってことにしてもっかい!~>


律「よし!一旦、休憩!」
美琴・プリシラ・かじゅ「うはー…」ダラー
唯「あれ…どうしたの?」
美琴「どうしたもこうしたもないですよ。この新曲、声量がいる上、かなりのアップテンポだから喉にくる…」
プリシラ「テンポとリズムが早すぎて手が追い付かない…」
かじゅ「Cagayake!GIRLSですら、私には辛かったのだが、これはそれ以上だな…ええい、放課後ティータイムの正ベースは化け物か」
あずにゃん「えらい言われようですね…」
ムギ「私たちは自分の持ち歌だから苦もなく演奏できるのだけど」
律「正メンバーではない三人にはきつそうだな」
あずにゃん「私たちも初めて演奏したときは苦戦しましたけどね。…唯先輩はよくギターとヴォーカルを兼任できますね、この曲は両方とも難しくないですか?」
唯「んー、別に。それに曲を演奏するのって楽しいし!」
ムギ「皆さん、お茶の用意ができましたよ」
唯「わっほい!今日はチーズケーキか~」
かじゅ「なるほど、何でも楽しむという部分が唯の一番の才能なのか」
プリシラ「確かに唯ちゃん、いつも楽しそうだからね~」
美琴「ある意味一番羨ましい才能ですね」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。