2:106~110


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

106 :名無しせずにはいられないな:2010/04/11(日) 01:20:55 ID:9oaAV/M6
~~控え室~~
ササッ
ゼクス「んっ、今何か来たような…」
とーか「多分、今モニターを覗いている彼女に一番関係のあることですわね」


美琴「んなっ…悪趣味すぎるわよ!ああ、もう…orz」


ゼクス「事情はよくわからないがなにか悶えているな…」



107 :名無しせずにはいられないな:2010/04/11(日) 01:30:33 ID:wQx1CT/Q
かじゅ「まあ・・・なんだ。あの身体はその・・・用を足したりはするのか・・・?」
ビリビリ「知らないわよ!」



108 :名無しせずにはいられないな:2010/04/11(日) 01:33:07 ID:u/pMOWFk
美琴「アイツ(一方)はヤバイ方向にイっちゃってるしアイツ(上条)は私の遺体担いで無茶してるしアイツ(サーシェス)は私のクローンに入ってるし……
    ああ~もう~~!」
船井「アイツら(荒耶、海原)に続いてあんなオッサンまで女体化するなんて……なんて羨ま(ry」





ドンガラガッシャーン





刹那「リボンズ・アルマーク…どこまで人の命を弄べば気が済む……!」
久「……シリアスに締まらんな」



109 :名無しせずにはいられないな:2010/04/11(日) 01:36:50 ID:.wrG1e6Y
ディート「というわけでこれから君はフリーパスだ」
サーシェス「おぉ、ありがとよ」
あらやん「入らない方が賢明だと思うが」
サーシェス「・・・だろうな」



110 :名無しせずにはいられないな:2010/04/11(日) 01:45:59 ID:9oaAV/M6
とーか「久さん、もう一枚鉄板を用意しておいてくださいまし」
部長「りょうか~い♪」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。