969、970


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

969 :名無しせずにはいられないな:2010/03/10(水) 00:58:30 ID:Cxb87WJY
~~男湯~~
カランカラン
海原「んっ、女湯のほうから何か投げ込まれてきましたよ」
船井「ほっとけほっとけ、どうせ石鹸かなんかが飛んできただけやって」
海原「いや明らかに金属音が…」
ごひ「これは…最近どこかで似たようなものを見たような気がするぞ…」


カッ


船井「えっ…」


ドカーン!


~~女湯~~
ムギ「悪巧みというものはもっと小さな声で企てるものですよ」
真宵「鷹野さんが前に使用したサクラダイト爆弾ですか…相変わらず恐ろしい人です」
とーか「容赦がありませんわね、紬さんは…」
唯「ム、ムギちゃん…」
あずにゃん「い、いつものことですよ、これくらい…」


【のぞき魔集団 爆破確認】



970 :名無しせずにはいられないな:2010/03/10(水) 01:19:24 ID:wQ/vCbJ6
真宵「だがあれが最後の覗きとも思えません。きっと第二、第三の覗きが現れるでしょう」
撫子「人類に休息はないの?」
真宵「我々は戦い続けるのみです。いつの日か、覗きと共存出来る時を目指して」
撫子「来るのでしょうか、そんな日が」
真宵「わかりません。ですが、今日を生きるのみです」
撫子「私達に出来るのは今日を、明日を生きることだけだからね」


神原「特撮ノリが好きだなぁ、二人は」
唯「あずにゃん、かなかな、なにあれ」
あずにゃん「きっとロマンとかそういうものじゃないですか」
池田「目を合わせちゃダメだし!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。