966


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

966 :名無しせずにはいられないな:2010/03/10(水) 00:43:19 ID:wQ/vCbJ6
池田「それにしても清澄の部長、強化されすぎだし!」
部長「そうかしら?」
律「正直、サーヴァントを素手でミンチにするとかありえないでしょ」
キャスター「…」
律「キャスターさん…?」
キャスター「彼女の燃え盛る王気…何かと連動しているようにしか思えないわ…」
部長「ちょっと待ってください。わたし普通の女子高生ですよ?」
キャスター「なにか思い当たる節はない?現世と深く密接しているなにかとか」
部長「んー、正直思いつきませんけど…わたしの待ちは大体潰されちゃったし」
池田「キャプテン…」
部長「へ?」
池田「キャプテンと繋がってるんだ、きっと…」
部長「ちょっと待ってよ、それだったら貴女やあそこの平沢さんの方が影響されるんじゃない?」
池田「キャプテン、あんたのこと見ている時、女の顔だった。
   いつも見せてくれているような聖母の顔じゃなかった…」
キャスター「愛の力、ね。きっと彼女の力の増大に合わせて竹井さんの力も強大になっているんだわ」
部長「ちょっと!私達そんな関係じゃないから!原作じゃ差し入れのサンドイッチを食べるくらいの仲でしか無いから!」
プリシラ「私達だってー!」
律「すっかり恋人気分だな、ガチだ、ガチ」


ギャラクティカファントム!


キャスター池田プリシラ律「うぼわああああああああああああああああああああ!!」
部長「茶化すのもいい加減にしてよね…」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。