923、924、926~929


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

923 :名無しせずにはいられないな:2010/03/04(木) 14:46:29 ID:D.XUzIvM
あずにゃん「ゆいせんぱーい!ぎゃはははははは!」
唯「ちょっとあずにゃん、くすぐったいよぉ」


とーか「確か甘酒ってノンアルコールですわよね」
かじゅ「そのはずだが…」
安藤「あぁいますよね。雰囲気だけで酔っちゃう人とかお酒というだけで酔っ払う人」
カイジ「それにしたって、ありゃ度が過ぎてるだろ。顔が真っ赤だぞ」


あずにゃん「ゆいせんぱい!いえ、ゆい!」
唯「ん?なに?」
あずにゃん「好きです!大好きです!愛してます!どのくらい好きかと言うと!」


ぶちゅ~


一同「!」


あずにゃん「これくらい好きです!」
唯「ふぇ、そっか。あずにゃん、私のこと好きだったんだ」
あずにゃん「はひ!りつせんぱいときゃすたーさんみたいなことしましょう!」
唯「わ、私やり方とかしらないよ?!」


律「だ、だれか止めろよ!?」
部長「あら、好きあっているんだったらいいんじゃない?」
池田「別に普通のことだし!」
とーか「そうですわね。他人の恋路に足を踏み入れるべきではありませんわ」



924 :名無しせずにはいられないな:2010/03/04(木) 16:04:18 ID:ZYn2M7Wo
律(何でこんなみんな平然としてるんだ!?ひょっとして私がおかしいのかな…)
律(いやいやいや!だって梓はどう見ても正気じゃない!あんなキャラじゃないだろ!)
律(もし全てを終えた後に正気に戻ったら、真面目な梓のことだから…どう考えてもやばいだろ!)
律(やっぱ止めなきゃ…あぁもう何で私ばっかこんな役回りに…!)


律「くそっ!」ダッ
キャスター「あら?どこいくの律ちゃん?」
梓「ゆーいせーんぱーい…うへへへ…」
唯「あずにゃん、私を好きになってくれるのは嬉しいよ?でもさすがにああいうのはちょっと早いなぁ…」
梓「恋にはやいもおそいもかんけいないれすよ」フラフラ
唯「あ、あずにゃん?」
梓「クロスアウッ!」スポーン
一同「ブーッ」
リリーナ「ゲホッゲホッ…こ、ここで!?」
池田「キャスターさんなら慣れてるけど、梓はちょっとキツイし!」
キャスター「それ、私が変態みたいじゃない」
唯「あずにゃん、ちょっと落ち着いて、ね?」
梓「発情したあずにゃんは…ジャッカルよりも狂暴だ…!」ガバッ


律「はぁ…はぁ…梓には悪いけど、水ひっかけて目を覚ましてもらうぞ…」ジャー
律「よし、これでいいだろ…。う、重!」
律「くっ…急がないと、唯が…ヤられて――」


いいいぃやあああああ!!!!!


律「……遅かった…」ガク


唯「うええぇ…」グスッ
紬「よしよし(良いものが撮れた)」
梓「……」
かじゅ「梓…?」
梓「…死にたい…」
池田「もう死んでるし」
部長「興奮と同時に、酔いもさめたみたいね…」
神原「賢者モードだな」
梓「うわああああん!ごめんなさい唯先ぱあああい!!」ダッ
真宵「そっとしておいた方が良さそうですね」



926 :名無しせずにはいられないな:2010/03/04(木) 17:35:20 ID:IgIxVZPU
利根川「ふむ、流石に罪悪感を感じるな」
刹那「白酒とはアルコールが入っていないのだろう。 気にするな」
兵藤「いや、あの酔い様は変じゃろうて。 どれどれ‥‥し、しもうた!!」
利根川「ど、どうしました会長!?」
兵藤「儂とした事が、白酒と間違えて一樽だけ秘蔵の濁酒を持ってきてしもうた!!」
刹那「ドブロク? 利根川、ドブロクとは何だ?」
利根川「名の通り、白く濁った酒だ。 しかし会長、いくら何でも白酒と濁酒を間違えるとは‥‥」
兵藤「ま、まずいかのう?」
利根川「相当まずいかと。 あれを」


かじゅ「おい、梓の飲んでいたこの白酒……」
政宗「何だこりゃ、ドブロクじゃねえか! 道理で酔っ払う訳だぜ!」
律「これ持ってきたの誰だよ!!」
とーか「確か、ディートハルト氏ですわね」
律「あのケツアゴ、よくも梓と唯を!! 蜂の巣にしてやる!!」
部長「あ、待ちなさい律、私も一緒に行くから!」


刹那「確かにまずいな……あの二人に事が露見すれば、唯では済まないぞ」
利根川「会長、ここはほとぼりが冷めるまで身を隠した方が宜しいかと」
兵藤「致し方あるまい。 醸造施設もしばし閉鎖した方が良いかの」
利根川「容器詰めは済んでおりますので、問題は無いかと。 では刹那、後は頼むぞ」
刹那「了解した。 証拠の抹消は任せろ」


【兵藤、利根川 逃亡確認】
【地下醸造施設 一時閉鎖】



927 :名無しせずにはいられないな:2010/03/04(木) 17:46:07 ID:FViZNHOU
あずにゃん「セイバーさーん、私にエクスカリバーを!私をエクスカリバーで消滅させてください!」
セイバー「お、落ち着いてくださいアズサ!」
あずにゃん「アーチャーさーん、私をあなたの固有結界で串刺しにしてください!」
アーチャー「落ち着け、とりあえず落ち着け!」
あずにゃん「バーサーカーさん、私を食べてください(食物連鎖的な意味で)!久さんやヴァンさんと同じになりたいんです!」
部長「どういう意味よ…」
バーサーカー「いや、さすがに…」
あずにゃん「真宵ちゃん、そのトイソルジャー貸してよ!自分の額を撃ち抜くから!」
真宵「だーめーでーすっ!」



928 :名無しせずにはいられないな:2010/03/04(木) 18:30:43 ID:SLzDygyM
ヴァン「いいから調味料持ってこいよ。あるだけ全部な。それとミルクも」
美琴「どこまでマイペースなのよアンタ・・・」



929 :名無しせずにはいられないな:2010/03/04(木) 18:37:43 ID:FViZNHOU
マーボー「どれ、私がひとつ…」
小十郎「てめぇはすっこんでろい!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。