914


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

914 :名無しせずにはいられないな:2010/03/03(水) 14:08:24 ID:OITvle6c
律「はぁっ!はぁっ!はぁっ!」
梓「お疲れ様です、律先輩。お水どうぞ」


ごくごくごくぷはー!


律「あ、ありがとう梓。いやぁ中休みって言ってたからまた始まるんだけどね」
唯「りっちゃん大丈夫?きついならそう言った方がいいよ?」
律「ん…、あの人寂しい人だから。それに、唯は知らないだろうけど私達かなりお世話になってるんだぜ」
梓「あの人のおかげで何回も助かってますからね」
唯「そ、そうなんだ…」
律「それに、だ。私もあの人のことが好きだしな。どうせもう死んだ身だし、自分に正直になるのもいいんじゃないかな」
梓「あの人の場合は自分に正直すぎると想いますよ」
律「梓はさ、逆に身持ち固くしすぎだと思うぞ。あの人ほど性衝動に正直にならなくてもいいとは思うけど」


キャスター「りっちゃーん。はじめるわよー」


律「はーい!じゃあな」
唯「りっちゃんがんばってねー」
梓「…自分に正直になる、か」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。