17~25


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

17 :名無しさん:2009/10/27(火) 16:02:26 ID:Psj747IM

    ト, : : : : : : : . \   ___   /. : : : : : : : : : /  l
    | ', : : : : : : : : : . .´. : : : : : : .`. . : : : : : : : : : :/   '
    l ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /     .′
   ',  ', : : :/: : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : . ≧     ,'
    ', ≦: :/: : : : : :/ : 八: :∧\ : : .\: : : : .\   /
    ∨: /: : : : : :∧:/  ∨  ヽ: : : : : .\: : : : .\/
    /: /\: : : :/  ′       ヽ: : : : : .ヽ : : : : .ヽ       同志のAAが来たと思った?
    ,': ;′  \/            u \: : : : .ヽ: : : : : .ヽ
    l ,'\   /\            /\: : : . ', : : : : : .ヽ   残念!華菜ちゃんでした。
    |,' : : .\/ ,イ≧ 、     、__, ィ≦ミト、 ヽ: : : .', : .\ : : .\
    ,' : : : :∧〃L.人」ト     ´L.人」「\∧: : .', : : . \ `
    ,' : : : / l〈 「`Y´リ      「`Y´リ 〃⌒'; : :l: : :|\
    l : : :人__|   `¨´         `¨´    ノ : : |\′
   l : :/: : :八 ⊂⊃     '  __,   ⊂⊃厂 ∧: : :|
    ∨ : :/ :/ \    -イ´ 丿     / ̄|厂'; :/
     │:/.:/   _> 、  `´   , イ     l|  l/ヽ
      ∨ ´ ,≦=== 、 `  ´ /  |    |l  l   ヽ
       /厂 ̄ ̄\ \_   _l    〃 ,'    \
        //       \ \ ` ´  ノ  //  ,'


18 :名無しさん:2009/10/27(火) 16:02:46 ID:.rrOpHGQ
これで三人になったからサンマが出来るし!

23 :名無しさん:2009/10/27(火) 18:34:25 ID:rT2U8Y02
透華「うわぁぁぁん、私って何で扱いこんな悪いのよ」
池田「そんなこと聞かれても」
透華「だいたいね、こんな負け組のたまり場になんか私は私は…あぁぁ」
池田「わ…私はきっと先輩が生き返らしてくれるしっ、そしたらオサラバして先輩と」
かぎ爪の男「あのー」
透華「こーんなかぎ爪みたいな凶器持った危なそうなヒトがゴロゴロしてるかもしれないのにそんなこと言えるわけ?第一ねぇ…このゲームに…あ」
池田「ひっ!」
透華「あ…ぁ…ぁ…」
池田ァ透華「キャァアアアア!!!殺される!!」

かぎ爪の男「人を狂人扱いするなり走り去っていくなんて酷いですねぇ、あながち間違ってはいないかもしれませんけど…」

25 :名無しさん:2009/10/29(木) 02:05:03 ID:qOm59Qhw
カギ爪の男「ふむ…………」
透華「あら、見ないと思ったら……。どうしました?」
カギ爪の男(先に目の前からいなくなったのは誰でしたっけ)「色々ありまして」
透華「その手……。カギ爪はどうされたのです?」
カギ爪の男「色々あって、今は安藤くんのところにあります」
池田ァ「それじゃあ『カギ爪の男』じゃねえし!」
カギ爪の男「ええ。まあ……」
池田ァ「『男』で十分だし!」
男「あ……」
透華「まあ。それでは皆が混乱しますわ。きちんと差異化を図らないと……はい、できました」
男A「あのう。私にはちゃんとした名前が……」
池田ァ「モブキャラにはこれで十分だし!」
男A(一応ラスボスなんですがねぇ……)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。