879、881~884


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

879 :名無しせずにはいられないな:2010/03/02(火) 11:03:12 ID:NEZM5Kjg
唯「うーん……」
あずにゃん「どうしたんですか唯先輩、考え込んじゃったりして」
唯「んっとね、私もチームに入りたいなぁって」
あずにゃん「チーム、……Sチームとか風紀委員とかですか」
唯「どっちかに入れば皆ともっと仲良しになれる気がするんだ。
  そうだ、あずにゃんならSチームと風紀委員、どっちに入りたい?」
あずにゃん「……強いてあげるならSチームですね。ムギ先輩がいるし、知ってる人がいるって大きいです」
唯「そっかぁ、私もSチームにしようかなぁ。何か面白そうだし」



ムギ「Sチームは止めておいたほうがいいわ、唯ちゃん」
あずにゃん「ムギ先輩!(いきなりだからビックリした!)」
唯「なんでなの? ムギちゃん?」


ムギ「横から見ていれば面白そうに見えるけれどSチームほど危ないチームはないと思うの。
   騒動がおきる度に前線に駆り出され危険な任務をミス一つなく行わなければならないのよ。
   一日に何回も死んでしまう人がいるし、任務の果てに性格が歪んでしまった人もいるわ。
   入ってもいいことなんて一つもないわ」


唯「何か怖そうだし、止めておこうかな」
ムギ「(良かった、これでSチームは安泰ね)もし、チームに入りたいなら風紀委員をオススメするわ。
   そっちの方が唯ちゃんにピッタリだと思うの!
   正義の味方なんてみんなの憧れだし、ステキだわ」
唯「正義の味方かぁ、……うん、カッコいい。とーかさんにお願いしようかなぁ」


とーか「止めておきなさい、平沢さん」
あずにゃん「とーかさん!(貴方も突然現れないでください!)」


とーか「確かに格好のいいようにみえますが、
    前線に立ち仕事をこなされければならないのは風紀委員とて同じですわ。
    けれどそれに加えて、平時も四六時中何かしらの対策会議に参加しなければいけません。
    正に休む暇もないとはこのことですわ。
    このような環境に貴方は耐えられますか?」


唯「うう、ゴロゴロできないのは嫌かも」
あずにゃん(上でトレーズさん、思いっきり暇してるようにみえますけど)


とーか「私はSチームへの参加をお奨めしますわ。
    有事の時以外は皆、思い思いの時間を過ごすことができますし、
    そして何より……」


とーか「(ムギの方を指差し)彼女の所ならお菓子が食べ放題ですわよ!」


ムギ「!!」


唯「そうだ、Sチームならムギちゃんのお菓子が食べられるんだ~♪」



ムギ(いけないわ、このままでは唯ちゃんがSチームに……)
とーか(やりましたわ! これで風紀委員の安全は守られましたわ!)



船井(何とかしてくれオーナー、あの嬢ちゃんに来られたら俺らは破滅や!)
刹那(船井の言う通りだ、俺達の未来はあんたにかかっている……!)



【Sチーム、壊滅の危機、 確認……?】



881 :名無しせずにはいられないな:2010/03/02(火) 11:48:13 ID:lItKha02
アーニャ「名案がある。あなたがチームを作ればいい。理想のチームを作るなんて誰でもできることじゃない。でもあなたならできる!」
唯「おお、それいいね」
アーニャ(私、今目立っている!)



882 :名無しせずにはいられないな:2010/03/02(火) 13:09:53 ID:1LS/28AA
アーニャ「というわけでユイ。私と一緒に盗撮チームを組まない?」
唯「盗撮?それって犯罪だよね?ってか、何を盗撮するの?」
アーニャ「主に需要と盗撮チャンスの多いカップルのリあべしっ」バキューン
唯「うぇっ!?」
律「唯!それだけは…盗撮チームだけはやめておけ!な!?」
唯「りっちゃん!?何でそんな物騒な物持ってるの?それに、何だかやつれてるよ?」
律「そりゃさっきまでキャスターさんにお仕置きされてたから…って、こまけぇことはいいんだよ!私は唯に犯罪を犯して欲しくないんだ!」
唯「りっちゃん…。わかった、考えとくね!」
律「考えとくじゃなくて…頼むからやめてくれよ…(恥ずかしいから…)」
アーニャ(盗撮仲間が増えるかも…うふふ…)



883 :名無しせずにはいられないな:2010/03/02(火) 13:31:35 ID:MdWS0WK6
池田「唯、だったらうち着なよ、うち」
唯「へ?なになに?」
池田「ジャジャーン!福路美穂子ファンクラブだし!」
部長「確かに彼女なら資格充分ね」
小十郎「同じ志を持つと書いて同志。一つに集まれば恐れるものなど何もない」
筆頭「…オメェそんなのに入ってたのかよ」
ディート「今なら特製法被とファンクラブ会報0号、さらに生写真がついてこのお値段です」
池田「うわっ!大盤振る舞いだし!」
部長「これはお買い得ね」


唯「う~ん」


小十郎「政宗様もいかがです?!」
筆頭「いい加減にしろぃ!…あとで詳しく教えろ」



884 :名無しせずにはいられないな:2010/03/02(火) 13:48:11 ID:.laE6UD.
ムギ「りっちゃん、りっちゃん」
律「ん、何だ?」
ムギ「…とかどう?」
律「ああー、なるほどね。それが一番平和そうだな」
ムギ「難点はバランスが取れなくなることね」
律「現状でもギター二人だしなあ…ヴォーカルが増えるのはありがたいが…」
あずにゃん「何の話を…」
律「唯!」
ムギ「唯ちゃん!」
唯「はいっ!」


~~ν放課後ティータイム練習場~~
唯「へーっ、こっちでもバンドを立ち上げてたんだ」
律「まあ、練習中の曲をやるか」
かじゅ「わかった」
プリシラ「りょうかーい」
美琴「よし、やるか」


<♪旅の始まりはもう思い出せない
  気付いたら ここにいた
  季節が破けて 未発見赤外線
  感じる眼が迷子になる…>


律「さてこんなもんか」
唯「…」ポカーン
あずにゃん「何か唯先輩の目が点に…」
唯「りっちゃん…」
律「な、なんだ…」
唯「なんでこんなに皆上手いのーっ!」
律「練習してるからだ、ボケナスがーっ!」
ムギ「あらあら」
かじゅ「…大丈夫なのか、唯は?」
あずにゃん「素質はあるので、練習さえすれば…」


【唯 御坂美琴withν放課後ティータイム加入?】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。