834、835


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

834 :名無しせずにはいられないな:2010/02/25(木) 23:42:38 ID:py38dUIk
筆頭「さて、と。ようやく開放か」
エツァリ「なんだか凄く長い間篭ってた気がしますね」
筆頭「ん?」
エツァリ「どうしました?」
筆頭「いや、どす黒い気配を感じてよぉ…おい、ありゃなんだ?!」
エツァリ「あぁ僕が下敷きになった敵のアジトですね。ようやく落ちてきたんだw」
筆頭「この気配…Shit!野郎、生きながらにしてあの世にまで侵攻して来やがったか!」
エツァリ「え?え?」
筆頭「第六天魔王…織田信長!」


【投げっぱなし】



835 :名無しせずにはいられないな:2010/02/26(金) 00:35:59 ID:xbSxMI4M
エツァリ「………て、もしかして御坂さん達はマンションの落下には気付いていない?
     大変だ!伊達さん!御坂さん達に加勢しましょう!」
筆頭「What's?信長は止めなくていいのかよ?」
エツァリ「あれはおそらくすぐに帰されると思いますし、どの道乱入するつもりなんでしょう?」
筆頭「解ってるじゃないか、じゃあ行くぜ!Let's party!!」



【筆頭 乱入するため戦場に急行】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。