655


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

655 :名無しせずにはいられないな:2010/02/14(日) 14:13:00 ID:rsINVy7s
キャス子「それじゃあ律ちゃん、ハッピー・バレンタイン!」
律「それは、さっきのチョコレート・ドレス!?」
キャス子「ええ、でも大丈夫。ちゃんと綺麗にしたし、もう必要なくなったから防犯対策も外してあるわ」
律「そ、そうですか。それでキャスターさん、それを私に?」
キャス子「そう、今日のために作っていたのよ。着てくれるかしら?」
律「あ…はい」


~~お着替え中~~


律「えっと、着替え終わりましたー」
プリシラ「わあ、律ちゃんキレイ」
ムギ「とても似合っているわ、りっちゃん」
あずにゃん「律先輩、素敵です」
律「え、みんな…」
キャス子「せっかくだから、ν放課後ティータイム(+ゲスト)の皆さんを呼んで来たわ」
神原「普段ガサツっぽい子が、ドレスを着て少し恥ずかしそうにしている。いわゆるギャップ萌えの要素も入っていて、よりそそられるな」
かじゅ「キャスターさん絡みでは、恥じていることも多いが」
ビリビリ「その…良いと思うわ」
撫子「田井中さん、すごく綺麗だよ」


律「みんな、あ、ありがと」
キャス子「気に入って貰えたかしら?」
律「はい! あ、でも、これからライブあるし、いったん着替えますね……あ、あれ、脱げない?」
キャス子「ああ、そういう魔術を掛けてあるのよ。そのドレスを脱ぐには、食べるしかないわ」
かじゅ「それは…」
撫子「魔術というより呪いだよ…」


律「ど、どうするんですか? 袖は無いから腕は大丈夫として、裾が…」
キャス子「仕方ないわね、それじゃあここに居るみんなで、スカートの裾を食べてあげましょう」
神原「なるほど、ミニスカートにしてしまえばドラムも出来るというわけだな」
ムギ「じゃあ、いただきましょうか」
プリシラ「はーい」
あずにゃん「律先輩、ごめんなさい」
ビリビリ「しょうがないわね」
律「え、えぇ!?」


【チョコレート・ドレス ミニスカ化?】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。