631


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

631 :名無しせずにはいられないな:2010/02/12(金) 17:35:32 ID:OiQXEPE2
~~安土城、セイバー対策本部~~
とーか「現在の状況はどうなっていますの!?」
小萌「目標は控え室へと向かい移動中!」
律「今は真田さんと片倉さん、本多さんらが必死に食い止めていますが…ダメです、止まりません!」
とーか「クッ、どうすればいいんですの」


~~控え室~~
プルルルル
撫子「真宵ちゃん、電話鳴ってるよ」
真宵「おや、誰でしょうか。もしもし…」
真宵「わかりました。戦闘区域は迂回し、すぐに向かいます」
黒服「どうしたんだ?」
真宵「たいしたことはありません。私の知恵が必要になったようなので、安土城に向かいます」
撫子「真宵ちゃん、危ないよ」
真宵「ここから先、私は八九寺真宵ではありません」
撫子「?」
ゴースト「特攻野郎Sチームの情報収集役兼チーム一の切れ者、ゴーストです」


~~安土城~~
オーナー「まずはこれでよし。次は私の仕事です」
モンキー「しかしいいんですか?今後動きづらくなるのでは」
オーナー「仕方がありません、この状況下では」
モンキー「…そうか。なら何も言うまい」
オーナー「では行きましょう対策本部に」


~~安土城、セイバー対策本部~~
とーか「何か策はありませんの!」
……
とーか「これまでなの…」
ムギ「失礼します」
とーか「何か用ですの、琴吹さんに神原さん、今は…」
オーナー「現在私たちの中で一番の策略家であるゴーストをこちらに呼び寄せています」
とーか「その呼び名…琴吹さん貴女は」
オーナー「はい、私特攻野郎Sチームのオーナーを務めています」
とーか「で、特攻野郎の長が風紀委員の長たる私になんの用ですの」
オーナー「単刀直入に言います。今回の案件が片付くまでの間、一時的に同盟を結び、共同戦線を展開しませんか?」


【オーナー 風紀委員と特攻野郎の一時的な同盟を提案】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。