563、566


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

563 :名無しせずにはいられないな:2010/02/08(月) 07:53:16 ID:sz3cD3hs
幸村「た、大変でござる!」
小十郎「畑に植えた、豆まきに使った豆が…!豆が…!」


キシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!


コクトー「ま、またビオランテ化している?!」
律「しかもあんなに大量に…?!」
キャスター「何故かセイバー達に向かっていってるわね。あれじゃ生着替え出来ないわ」
撫子「なんでセイバーさんのところに…?」
真宵「どちらもトンデモ成分で出来ているからだね」
船井「な、なんやて?!」
神原「そう、片や瘴気、片やGN粒子。互いに打ち消し合う存在だからこそ、引かれ合う…」
プリシラ「あんなクソ映画、みんなよく見てるわね~」


セイバー's「「豆…もやし…食べる…」」
ビオランテ「きしゃああああああああああああああああ!!」


光秀「おお、凄まじい怪獣大決戦ですねぇ~」
カイジ「セイバー達も捕食するためにエクスカリバーを使って一掃出来無いようだな」
部長「これは…愛ね」
かじゅ「なに?」
トレーズ「片倉君が心を込めて植えた大豆達が、その恩に報いるためにレディセイバーを抑えているのだろう」
ホンダム「!!!!!」
刹那「そうだな、今のうちにプールの造営を急がなければいけないな」


【怪獣大決戦をよそにプール設営開始】



566 :名無しせずにはいられないな:2010/02/08(月) 19:08:51 ID:n/.E1fe2
トンテンカン………


ホンダム「(親方、完成だ!!)」
刹那「誰が親方だ、ホンダム。 ……よし、上出来だ。 竹井、温水器の用意は万全か?」
部長「ええ、動力原の0ガンダムの太陽炉の調子も完璧よ」
かじゅ「刹那、目標が動いたぞ! こちらに向かってくる!」
刹那「よし、作戦を説明する。 先ず、ビオランテS(節分バージョン)の生き残りを蓋をしたプール上部に配置、セイバー二人を中心にまで誘い込み、タイミングを見計らって蓋の支えを外す……これで、少なくともプールに落とす事は出来る筈だ」
キャスター「でも、素直にシンクロしてくれるかしら」
刹那「失敗すれば、俺達が全滅する。 それだけだ」
部長「失敗出来ないって事ね……」
かじゅ「刹那!! 最終防衛ライン、突破されたぞ!!」
刹那「作戦開始だ。 刹那・F・セイエイ、目標を制圧する!」


【作戦開始】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。