534


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

534 :名無しせずにはいられないな:2010/02/05(金) 13:50:41 ID:miGaD.VM
池田ァ「二人とも優勝おめでとうだし!」
真宵「ホンダムのお陰ですよ」
ホンダム「(光栄至極)」
とーか「優勝者であるあなた方には、賞品として特製恵方巻きを進呈致しますわ」
真宵「これは美味しそうですね。 ですが、私一人でこんなに大きな巻き寿司を食べれるでしょうか」
ホンダム「(某はそもそも飲食は……)」
池田ァ「まあ、細かい事は気にしないし! 女子総出で普通の恵方巻きも作っておいたから、皆で食べるし!」
小十郎「そういや、もう昼飯時か」
刹那「ああ。 早速頂くとしよう」
部長「ああ、刹那君のはこっちね」
刹那「これは……随分豪華だが、お前が作ったのか?」
部長「ま、まあ暇だったからね」
刹那「そうか。 ありがとう」
部長「き、気にしなくていいわよ」


神原「ふむ、実に太くて逞しいな」
撫子「こんなに大きいの、入るかな……」


あずにゃん「何故でしょう、あの二人の発言がやけに、その……」
律「誰かー、ムギが出血多量で倒れたから担架ー」
キャス子「まあ、お約束よね」
ムギ「……なでこちゃん、ぐっじょぶ(パタ」


トレーズ「なるほど、切らずに食するのがこの食べ物のしきたりなのか」
小萌「一度口を付けたら、最後まで唇を離さずに食べ切るのがマナーなのですよ」
ビリビリ「それ、途中で醤油に浸けちゃ駄目って事? めんどくさいわねー」
玄霧「一言も発してはいけないとも言われていますがね」
安藤「笑顔のまま完食するのがしきたりとも言われてますよね」
ビリビリ「まさか、それ全部やれっての?」
かじゅ「まあ、どれか一つでいいだろう。 私は無言で食べるか」
トレーズ「私は口から離さないで食する作法に挑戦させて頂こう」
兵藤「儂もそれで行くかのう」
安藤「じゃあ、俺は笑顔で食べます」
小萌「せんせーも笑顔で食べますぅ」
玄霧「私は無難に無言で食べ切る事にします。 ああ、そういえば今年の恵方はどちらでしたっけ」
プリシラ「エホー?」
かじゅ「簡単に言えば、その年のめでたい方角だ。 恵方巻きを食べる時にその方角を向いて食べると、その年は安全に過ごせるらしい」
プリシラ「え、嘘!? どっちどっち!?」


光秀「おやおや、余程私が怖いのでしょうね」
船井「そういうあんたは早々に切り分けとるな」
光秀「縁起を担げる程まともに生きてきたつもりもありませんしね」


とーか「そういえば、今年の恵方はどちらでしたかしら?」
池田ァ「華菜ちゃんバッチリ調べてきたし! 確かあっちだし!」
とーか「本当ですの? 何か適当な感じが……」
池田ァ「方角は忘れたけど、この位置から安土城の方角が恵方だって事は覚えてきたし!」
とーか「なるほど、それでは頂きましょうか」
一同「「「「「いただきます」」」」」


【たまり場 恵方巻き確認】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。