476


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

476 :名無しせずにはいられないな:2010/01/29(金) 14:32:24 ID:tX1EUdbU
トレーズ「プリンセスリリーナ、やはりヒイロ・ユイは少年として貴重な感情に欠けていると私は愚考するのだが……」
リリーナ「それは違います、ヒイロは使命感に篤いだけです」
トレーズ「しかし、あれ程の逸材を目にして少しの劣情も無く、只々主催者の手掛かり捜しのみに没頭するのみとは、男として寧ろレディに失礼なのではないかね?」
リリーナ「ならば、貴方はどうなのですか?」
トレーズ「私なら、信頼出来るレディに調査を任せよう。 レディの裸体を覗き見など、エレガントに反するのでね」
リリーナ「上手く逃げましたね」

~~~~~~~~~

リリーナ「……以上をもちまして、ヒイロを「制裁リスト」から除外する旨を提案致します」
かじゅ「ふむ、異議は無い」
部長「まあ、手掛かり捜し以外の目的には使わなかったみたいだしね」
とーか「寧ろ、私の裸に何も感じなかった点で少し不満を感じるのですが……」
池田ァ「あんなつるぺたじゃ当然だし……(ボソ」
とーか「聞こえていましてよ池田ァ!!」
池田「にぎゃああああああああ!!!」
部長「じゃあ、ヒイロ君は今回は大目に見るという事で。 いいわね?」
一同「「「「「異議無し」」」」」
部長「では、これで査問会を終了します。 以上、解散」

【ヒイロ 無罪確認】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。