352、353


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

352 :名無しせずにはいられないな:2010/01/19(火) 16:24:51 ID:L7Nq8IQA
~~~控室~~~

ガハラ「……で、私は何時までこんな場所に居なくてはいけないのかしらね?」
黒服「知るかっ‥‥! 今は新入り候補に構っている場合じゃないっ‥‥!」
ガハラ「……まあ、仕方ないわね。 死ぬか生きるかは分からないけど、しばらくは我慢しましょうか」
黒服「そうか。 まあ、最悪死者たちのたまり場が壊滅したとしても、別空間にあるこの控室にまでは被害は及ばないだろう。 ああ、この二人は任せたぞ。 俺はオペレーション「逆」メテオの手伝いに行かなければならないからな」
真宵「どうも、ありゃりゃ木さんがお世話になってます」
撫子「ど、どうも……(真宵の背後に隠れながら)」
ガハラ「ちょっと待ちなさい、私に保母の真似事をやれと言うの?」
黒服「仕方ないだろう、避難場所が此処しか無いんだ。 それでは頼んだぞ」
ガハラ「ちょっと、待ちなさいと言って……逃げられたみたいね」

【戦場ヶ原ひたぎ 四代目控室の主に就任】


353 :名無しせずにはいられないな:2010/01/20(水) 07:24:33 ID:JsG7iSqg
~~~控室~~~

戦場ヶ原さんお帰りです

真宵「思ったよりも早く帰ってしまわれましたね」
撫子「(ホッ……)」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。