276、277


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

276 :名無しせずにはいられないな:2009/12/24(木) 23:55:00 ID:up4QmZB2
池田ァ「月並みだけど、クリスマスイブだし!」
とーか「本編も一段落付いた事ですし、盛大に騒いで暗い気分を吹き飛ばしましょうか」
キャス子「ああ、私はパス。今年は律ちゃんと黒桐くんとセイバーの四人で楽しむ事にしたの」
男A「私も、カイジ勢の皆さんと飲み明かそうと思いまして」
小萌「玄霧さんと教育について語り合うのですぅ」
プリシラ「御坂美琴withν放課後ティータイムのみんなで打ち上げパーティーするんだって。律ちゃんも後からキャスターさん達と来るって言ってたよ」
幸村「小十郎殿と飲み明かそうかと……」
とーか「あら、皆さん予定がお有りですのね」
部長「加治木さんと二人麻雀でもしようと思ったんだけど……貴女達も来る?」
池田ァ「いいの? 華菜ちゃん図々しいから遠慮しないし!」
とーか「そうですわね、お邪魔させて貰いますわ」

刹那「さて……ホンダム、俺達はどうする?」
ホンダム「…………」
刹那「そうだな……生前、知り合いが少なかったからな。こういう時は不便だな」
リリーナ「刹那、こんな所に居たのですか」
刹那「リリーナ?」
アーニャ「マリアンヌ様とリリーナ様の三人でパーティーをする事になったんだけど……刹那も来る?」
マリアンヌ「共に肩を並べて戦った仲なんだし、一緒に楽しみましょう? 勿論、ホンダムもね」
刹那「……どうする、ホンダム?」
ホンダム「…………」
刹那「……そうだな、その言葉に甘えよう」
リリーナ「決まりですね。さあ、行きましょう」

【死者スレ住人 それなりに楽しいクリスマスイブ確認】

黒服「……で、何故控室を会場に?」
利根川「良いではないか、たまには貴様も付き合え」
黒服「……まあ、退屈が紛れるなら構わないか」

【黒服 ハブられ回避確認】


277 :名無しせずにはいられないな:2009/12/25(金) 00:17:40 ID:oBnkoElk
真宵「私達はどうしましょうか」
撫子「知り合いが別の所に行っちゃったからなあ……」
利根川「おお、此処に居たか。八九寺、予定はあるか?」
真宵「いえ、特にはありませんが」
利根川「なら、儂らの所に来るがいい。それとも、ν放課後ティータイムの打ち上げにでも混ぜて貰うか?」
真宵「そうですね、どうせ女っ気も無いでしょうし、貴方達の集まりに混ぜて貰いましょうか」
利根川「相変わらず口の減らん奴だ。まあいい、行くぞ」

ムギ「あ、撫子ちゃーん」
撫子「あれ、紬お姉ちゃん?」
ムギ「予定あるかな? 良かったら、私達のパーティーに混ざらない?」
撫子「え、いいの?」
ムギ「ええ。皆で過ごした方が楽しいわよ」
撫子「紬お姉ちゃん……ありがとう」
ムギ「いいのよ、さあ行きましょう」
撫子「うん!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。