264


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

264 :名無しせずにはいられないな:2009/12/22(火) 13:42:00 ID:z4MmPFQU
~~~控室~~~

セイバー「シロウ……ああっ、クロコ近付き過ぎです!即刻離れて、というかそこ代わって下さい!」
池田ァ「な、なんかセイバーがヤンデレ風味になってるし!」
セイバー「くっ、もう我慢なりません!待っていて下さいシロウ、今すぐ貴方の元へ……」
池田ァ「って、エクスカリバー持ってどこ行く気だし!」
セイバー「知れた事です!今すぐクロコを成敗し、私がシロウの騎士として傍に……」
とーか「まあまあ、お寿司でもいかが?」
セイバー「むぐっ!?……ご厚意、痛み入ります(もぐもぐ)」
池田ァ「あ、治まったし」
とーか「彼女のキャラは把握済みですわ。ハギヨシ、特上寿司を後五十人前手配してらっしゃい(パチン」
池田ァ「あれ?そういえば、控室にいた黒服はどうしたし?」
とーか「あら、見当たりませんわね。意外と働き者ですから、控室の主を命じていたのに……」

利根川「黒服……此処に送り込んだ揚句、セイバーから救ってやれなかったわしを許せ……」

【黒服 セイバーの八つ当たりで消滅確認?】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。