5:828~831


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

828 :名無しさんなんだじぇ:2012/08/18(土) 05:48:30 ID:5O5SNKrg
とーか「サバイバルゲーム大会?」
デュオ「あぁ、なんか停滞しているときに、なんにも考えずに銃をぶっ放すってのはなかなかいい気晴らしになるぜ?」
とーか「そんなものをやった所で紬さんと田井中さん、それに本職の方々が有利になるだけだと思われますわ」
デュオ「…一般人の人間がサバゲーで爽快感を感じたいとか思うのか?」
とーか「わたくしどもが認可するのは、みなさんが(←ウェイト)明るく楽しく参加できる催しだけですから」

デュオ「お前のところの娘が活躍できないからってハッキリ言ったらどうだよ?」
とーか「それでもいいですけど」
デュオ「いいのかよ! ちょっとは否定しろよ!」
とーか「衣が明るく楽しく参加できるようなイベントであれば、こちらとしても認可できるものになる、という言い方ではいかがでしょうか」
デュオ「アイツが基準かー…。 そりゃ難題だな」
とーか「イベントはあるに越したことはありませんから、基準をクリアできる案が浮かんだらいつでも相談してくださいまし」
デュオ「分かった。 もうちょっと練ってくるわ」
とーか「楽しみにしてますわ」

829 :名無しさんなんだじぇ:2012/08/19(日) 23:21:35 ID:mA2Tr8UU
~~格納庫~~


デュオ「……てな訳で、サバイバルゲームは却下。 ま、確かに天江みたいな奴にゃ本職相手は荷が重いだろうな」カチャカチャ
ヒイロ「成程、なら天江のような子供でも問題無く楽しめれば問題は無いのか」カチャカチャ
デュオ「それが問題なんだよな……」カチャカチャ
刹那「ホンダム、そこのコイルを取ってくれ。 ……要はBB弾や豆で怪我をしなければいいのだろう? カギ爪の義手に組み込んだ小型GNフィールド発生装置を持たせてみるのはどうだ?」キュイイイイイン
デュオ「あれ結構重いぜ? それに、考えてみりゃこのくそ暑い中重いモデルガン担がせて森の中を延々歩かせて、熱中症になられても困るしな」バヂバヂバヂ
ヒイロ「………………」キリキリ
デュオ「やっぱ今回は却下かねえ……」シュウウウ
ヒイロ「………………デュオ」
デュオ「お? どうしt」
ヒイロ「お前を殺す」チャキッ
デュオ「へ――」




ビシャッ!!




デュオ「…………おいヒイロ、こりゃ何の真似だ……?」←頭からびしょ濡れ
ヒイロ「他意は無い。 ただ、これなら危険は無いだろうと思っただけだ」つ水鉄砲
デュオ「だったら口で説明しろよ……けどまあ、確かにこれなら危険もねえし、暑い夏にはうってつけかもな」
刹那「いっその事、舞台も水泳大会の時のプールでやったらどうだ? せっかくの夏だ、たまには息抜きも悪くないだろう」
デュオ「よし、そうと決まれば話は早いぜ! ちょっとひとっ走り行ってくるわ!」




ファサリナ「流石はヒイロ達ですね。 あれだけ話し込みながらでも、少しも作業ペースが落ちません」
プリシラ「確かにすごいけどさ、なんかホバーベースの形状が文章じゃ言い表せないような状態になってきてるんだけど……」

830 :名無しさんなんだじぇ:2012/08/21(火) 22:51:16 ID:wCndoaEE
リボンズ「ふふふ、今度こそ水泳大会の時に没になってしまった隠しステージを使う時だね、イリヤスフィール」
イリヤ「やめい」

831 :名無しさんなんだじぇ:2012/08/29(水) 00:12:00 ID:ofJzt8X6
~プール~

とーか「それでは只今より、プールでの水鉄砲大会を始めますわ!」

ワーワー!

とーか「各自、水鉄砲と的は行き渡りましたわね。的を撃ち抜かれた方から失格! 残った方の優勝ですわ!」

ワーワー!

とーか「それでは……よーい……スタート!」

~数十分後~

とーか「終了ですわ~」
デュオ「いやちょっと待てぃ!」
とーか「何ですの騒々しい」
デュオ「スタートと終了が同じレス内で収まるってどういうことだ! ゲームの経過とか読み手に全く伝わらねぇじゃねーか!」
とーか「いきなり随分メタなツッコミですわね」
デュオ「やかましい! さすがにツッコまずにはいられねぇよこれは!」
とーか「だってもう次の本編投下まで日がありませんし、そもそもリレーも期待できない今の死者スレでこんな長々続きそうなイベントを始めるのは無理がありますわ」
デュオ「だったら最初から始めなきゃいいだろ」
とーか「でもそれだとせっかく企画した書き手さんが可哀想ですし、一応やったという体は見せておかないと」
デュオ「そっちの方が何か嫌な感じがするけどな!」
とーか「とりあえず、優勝は衣ですわ!」
衣「わーい!」
デュオ「……それもツッコみたいんだけどよ、明らかに天江の的が他のより小さくねぇか?」
とーか「錯覚ですわ」
デュオ「じゃあゲーム中に天江を守るように周りの奴らを蹴散らしてた執事の残像が見えた気がしたんだが?」
とーか「幻覚ですわ」
デュオ「……あぁそうですか」

~んで~

ヒイロ「戻ったかデュオ」
刹那「向こうは何と?」
デュオ「ダメだ、聞く耳持たねー」
ヒイロ「そうか、まぁたかがゲームにムキになることもないだろう」
デュオ「でも俺らプロがあんな子供に負けたってのはなー」
刹那「一応言っておくが、天江はお前たちより年上だぞ」
デュオ「……まぁそうなんですけどね」
ヒイロ「……ところでずっと気になっていたんだが」
デュオ「何だ?」

船井「」チーン プカプカ

ヒイロ「何故奴は水鉄砲の大会で死んでいるんだ?」
デュオ「いや……俺に訊かれても……」
刹那「それが船井だから……としか説明できないな」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。