5:781、782


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

781 :名無しさんなんだじぇ:2012/06/19(火) 00:11:51 ID:zZ.7f7Yo
~秘密工場~

ガッキィィーーーン !!!
筆頭「Hay!!楽しんでいるかい、魔王さんよぉ!」
信長「図に乗るなァ、雑種がァ!」
ホンダム「……!!!」
ドッガーーーン

ガンダムバカ「くっ…!次元が違い過ぎる!これでは支援もできない……!」
オーナー「無事だったのね、ガンダムバカ」
ガンダムバカ「オーナー!なぜここに!?」
オーナー「織田信長が相手じゃ貴方達も苦戦するだろうと思って。でも、政宗さんもいるなんて予想外だったわ」
ガンダムバカ「だが、そのおかげで今は五分五分に持ち込めた」
オーナー「でも、決定打がないようね」
ガンダムバカ「ああ、だからこのまま膠着状態が続いたら不味い。どうにかしなければ」
オーナー「なら、こうするのはどうかしら?」

ホンダム「………」
筆頭「おいおい、これくらいでバテるのかよ、戦国最強。いくら俺でも一人で魔王を相手にするのはHardだぜ」
信長「ならばさっさと朽ち果てるがよいわァ!」
タァーーーン…!
信長「ぬう!」
ホンダム「……!」
筆頭「What's happen!?」
  (ここで織田信長が筆頭達から離れる)
信長「あの剣戟の中で余だけを撃つとは…何奴」
オーナー「それは私よ」
信長「小娘…だと……フハハハハーーーッ!本当に愉快ぞ!この黄泉比良坂は!あの女と同じ腕前を持つ者がいるとはな!」

ホンダム(…オーナー殿は一体何をお考えなのだ)
ガンダムバカ(ホンダム…!)
ホンダム(相棒!これは…脳量子波とやらによる念話か?)
ガンダムバカ(今はとにかく聞いてくれ。オーナーからのミッションプランを)
ホンダム(なんだ……)

オーナー「あら、お気に召して頂けたかしら」
信長「ああ、気に入ったそ。故に、貴様も塵芥へ帰してやろう!」
筆頭「Shit!逃げろ、琴吹紬!」
ホンダム「(大丈夫だ、政宗殿)」
筆頭「Why!? あのままじゃお前らのBossが討たれちまうぞ!」
ホンダム「(いや、問題ない。なぜなら、織田信長hオーナー殿の切り札で動きを止められるからだ!)」

信長「逃げぬとはいい度胸だ。そのまま滅するがよい!」
オーナー(ガンダムバカ!)
ガンダムバカ(今だ!)
ガンダムバカ「GNゲフィオンディスターバー!」バババッ!!!
信長「なにィ!!」
筆頭「Really!! 本当にあの織田信長を止めやがった!」
オーナー「さあ皆、早くこの工場から脱出して!」
ガンダムバカ「了解した」
筆頭「って特攻野郎はもう撤退かよ。まだPartyの途中だってのによ」
ホンダム「(急ぐぞ、政宗殿。もうすぐこの工場も自爆するぞ)」
筆頭「…ッ!そういうことは早く言え!」
信長「謀ったなぁぁあああ、貴様らぁぁぁぁぁあ!」
ガンダムバカ「なんだと!?GNフィールドが弱まっているだと!?」
オーナー「さすが魔王ね…でも御終いよ。ホンダム、飛びなさい!」





チュドーーーン!


【第二工場、爆破確認】



ホンダム「(しかしオーナー殿、あの工場を爆破してよかったのか)」
オーナー「仕方がないわ。織田信長の乱入され、なにより政宗さんに知られてしまったからには、第二工場も破棄するしかなかったわ」
ガンダムバカ「残りのDatsuiを製造するにも、第一工場は風紀委員にリークされ、第三工場は消失……」
ホンダム「(つまり、今回の戦いもここまでか……)」
ガンダムバカ「…だが、俺達は挫けない。人類の夢と希望を、切り開くまでは!」

【特攻野郎の活動、これにて終了!】


782 :名無しさんなんだじぇ:2012/06/19(火) 12:44:41 ID:QkjJpeZ2
幸村「そんなことが……某にも言ってくだされば、駆けつけたものを!」
筆頭「なに言ってんだ、まだ怪我が治ってねぇくせに」
幸村「なんのこれしきの怪我! それにもうほとんど治っているでござる!」
あずにゃん「まあ今回、政宗さんの怪我は軽くて良かったですけど」チラ
小十郎「…………」
筆頭「小十郎はどうしたんだ?」
あずにゃん「あの日あちこちであった爆発の一つに巻き込まれたみたいです」
筆頭「他のところでもPartyがあったのか?」
あずにゃん「私も良くは知らないんですけど、なんか、また入院患者が増えてましたね……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。