5:570


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

570 :名無しさんなんだじぇ:2012/05/02(水) 00:45:44 ID:/5aRzq9.
ふじのん「コロちゃーん♪」ギュー
ユフィ「コーロちゃん♪」ギュー
天江ツァリ「いい加減離してください! 苦しいです!」
撫子「二人の胸に埋まりながら言われても説得力に欠けるよ」
ふじのん「うーん、このままでもかわいいけど、何か足りない気がしますね」
撫子「あれだよ、いつものウサ耳カチューシャが無いんだよ」
ユフィ「そうです! コロちゃんのチャームポイントが欠けています!」
天江ツァリ「人の話聞いてます!?」
ふじのん「じゃあいつもの執事さんに頼んで」
ライダー「フジノ、ハギヨシに頼めば、そのままトウカに伝わると思われますが」
ふじのん「ぐっ……そうでした……ではどうしましょう?」
ファサりん「あの、さっきから気になっていたのですが、あっちにある箱は何でしょう?」
撫子「んー? あ、これ衣お姉ちゃんの服とかカチューシャだ」
ライダー「成程……変身した後の衣装も同時に用意していたということですね」
ユフィ「ということは……これで問題はクリアですね」
天江ツァリ「何がどうクリアなんですか!?」
ふじのん「さあコロちゃん♪ お着替えしましょうねー♪」
ユフィ「今よりもっとかわいくなりますよー♪」
天江ツァリ「ちょ、やめて下さいやめて下さい! 僕はもうあの女装生活に戻るのは嫌なんですー!!」ズルズル
ファサりん「……行ってしましましたね」
ライダー「どうします? このままここで待つべきでしょうか?」
撫子「あ、二人にはちょっと手伝って欲しいんだ」
ライダー「手伝う? 何をですか?」
撫子「これだけ護符を大量生産したってことは、当然それを貼る人もそれだけ居なきゃいけないよね?」
ライダー「確かに……しかしたまり場にそれ程の人間が居たとは思えませんが」
撫子「そうなんだよね。だからきっと、これは人以外にも使えるようになっていると思う」
ファサりん「? 意味が分かりませんが」
撫子「多分魔術に改良を加えて、無機物に貼っても変身するようになってると思うんだ」
ライダー「……そんなことが可能なのでしょうか?」
撫子「さあ? たまり場だし何でもアリだよきっと」
ファサりん「でも仮にそうだとして、それが何か?」
撫子「あるじゃない。自動で動いて喋る、大量生産も可能な物がこのたまり場に」
二人「あ……」
撫子「服もあったんだから、多分それも……やっぱりあった」

ハロ's「ハロ! ハロ!」

撫子「さーて……それじゃあこれ全部に貼っていくの手伝って」
ファサりん「……そんなことをして一体何を?」
撫子「いいからいいから♪」

【数十分後】

ハロモ's「ハロモ! ハロモ!」
撫子「うん♪ 服もカチューシャも装備したし、完璧だね!」
ライダー「…………」
ファサりん「…………」
撫子「さーて……帰ろっか」
二人「はい!?」
撫子「え? 何その反応?」
ライダー「いやいや! 一体何の為にこのハロモ'sを用意したんですか!?」
ファサりん「何か目的があったのでは!?」
撫子「ううん、面白そうだからやっただけ」
二人「何それ!?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。