5:568


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

568 :名無しさんなんだじぇ:2012/05/01(火) 02:27:23 ID:NIzlISSs
【控え室】

クイクイ

かじゅ「何だモモ? え? この部屋に飾ってある写真は何か? ああ、これは歴代の『死者スレ控え室の主』だ」


かじゅ「『死者スレ控え室の主』というのは、長い時間ここに留まった者に与えられる称号だ。生死がはっきりしないままに待機になり、そのままここに居続けることにより与えられる。
    順番に紹介すると、初代・中野梓、モモも『おくりびと』で顔は見ていただろう? そう、平沢憂の友人であり、唯や秋山澪の後輩でもある。
    二代目がアリー・アル・サーシェス。え? こんなおっさんじゃなかったって? ああ、これがこいつの本来の姿だ。こいつはまだこのロワが初期の時期だったにも関わらず、一週間もここに滞在した強者だ。議論が何度も傾いて、その度に一喜一憂していた。それが未だに生き残っているのだから、ロワはどう転ぶか分からないものだ。議論の結果次第では今とは全く違う話になっていただろう。
    三代目が初代黒服。……いや誰だと言われても、モモは二代目には会っているだろう? あ、いや向こうが気付いていないなら会ったとは言わないか。とにかく、ギャンブル船のギャンブルルームに最初に居た黒服だ。訳あって死亡したんじゃないかとここに来て、その後正式に死亡するまでここに居続けた。
    四代目……戦場ヶ原ひたぎ……。知っているだろう、お前がここに来たときに居たのだから。そう、阿良々木暦の恋人だ。手遅れかもしれないがモモ、こいつは敵に回すな。阿良々木を殺そうとしたことで、もう回しているかもしれないが、それでも回すな。絶対だぞ。
    五代目、バーサーカー。こいつは説明の必要がないな。
    六代目……海原光貴……。こいつとは私はちょっとした因縁があってな……。ああ心配無用だ、その件はもう片付いている。だが、仲良しこよしとはいかないがな。
    七代目、レイ・ラングレン。死亡確定にはそれ程時間は掛からなかったのだが、とある事情でな、しばらくここで生活していた。その為七代目に就任した訳だ。
    ……それで次の二枚なんだが、私はこいつらを『死者スレ控え室の主』と認めていいものか分からない。
    一人はC.C.、知っているだろう? お前が一緒に居たルルーシュとは仲間だった女だ。現在戦場ヶ原の相棒をしている。いつの間にか仲良くなっていた。
    もう一人は上条当麻、はっきり言おう、戦場ヶ原とC.C.の最大の被害者だ。どういう被害かは口にするのもおぞましい。
    それでこの二人なんだが……ある理由から七代目のレイを追い出してここに居座ってな、勝手に写真を飾っていったんだ。上条は無理やり付き合わされた感じだったが……。なら勝手に外せばだと? ……後が怖くて誰もできない。あの二人は本編投下の度にここに来るのでな。……もうこの話はよそう、今やこの話はこのたまり場最大の黒歴史となっている。
    それで次の写真が、またアリー・アル・サーシェスだ。だが写真はお前も知っている女子中学生の姿だろう? 通称『首輪ちゃん』だ。とある事情でまた待機になってな、お前が来た時からしばらく一緒にここに居ただろう? ……一々ビビる姿が面白かった? 想像に難くないな」

ギュー

かじゅ「ん? ああ、そうだな。今はモモが『死者スレ控え室の主』だ。写真を飾っておこう」

♪~

【モモが現『死者スレ控え室の主』に就任しました】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。