5:359~361


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

359 :名無しさんなんだじぇ:2012/02/23(木) 00:37:14 ID:WednRH6w
真宵「またラジオ書き手代理氏に質問です」
神原「またか?」
真宵「はい、ラジオパーソナリティ投票について」
撫子「また?」
真宵「はい、実に根本的なことなのですが、この投票は必ずコンビでなければならないのでしょうか?」
神原「ん?どういうことだ?」
真宵「つまり、『あーこのキャラにパーソナリティやって欲しいなー。あーでも相方が決まらないや』といった感じの読み手さんいるのではないかと思いまして」
撫子「要するに…ピンで投票するってこと?」
真宵「少し違いますね。『このキャラにやって欲しい!相方は知らん!勝手にしろ!』といった感じの投票はアリなのかということです」
神原「ふむ…確かにそういった考えの人もいるかもしれないな」
撫子「でもその質問答えてくれるかな…きっと忙しいと思うけど…」
真宵「まぁ気まぐれで思いついた質問です。気が向いたり暇ができたら答えるくらいの感じでいいです」

【ふと気になってしまったので聞いてみました】


360 :名無しさんなんだじぇ:2012/02/23(木) 02:52:52 ID:i6SOV0Io
359
アーチャー「ん?ラジオパーソナリティ投票で一人だけの投票は可か?…別に構わんぞ。ただしそれが採用された場合、相方はクジか何かのランダムな方法で決めることになるな。一応パーソナリティはトリオまでなら対応はできるそうだぞ。ただしピンはNG、話をふくらましにくくなるからな。ステマやら工作をするならばれないようにやれ。そういうのはばれないうちが花だ」
……
アーチャー「…なぜ私がこれを説明しなければならんのだ?…現行パーソナリティの神原が向こうにいるから?なにそれこわい」

【つまりそういうこと】


361 :名無しさんなんだじぇ:2012/02/23(木) 23:50:07 ID:WednRH6w
360

真宵「そうですか、では投票しましょう」
神原「む?するのか?」
撫子「一体誰に?」
真宵「それは…この人です!!」




「千石撫子」




撫子「……えぇーーーーー!!!???」
神原「ほぅ…まさかの千石ちゃんとな…」
真宵「はい」
撫子「いやいや何で!?訳がわからないよ!!」
真宵「あ、それは私の台詞ですから取らないで下さい」
神原「八九寺ちゃんの台詞ではないな」
撫子「誤魔化してないで理由を言ってよ!!」
真宵「理由はですね…偽物語の次回予告を観て聴いて、死者スレラジオでも『DJ.ナデコ』をして欲しくなったそうです」
撫子「意味が分からない!!」
神原「成程…しかしピンで投票するということは、相方が決まらないということか?」
真宵「候補としては私、八九寺真宵や、オーナー、琴吹紬さんなどが挙がっていたそうですが…」
神原「結局決めきれなかったと…」
真宵「はい、故に>>359みたいな質問に至った訳です。他にも同じように迷ってる人がいるかもしれないですし」
撫子「うぅ…あんなの撫子のキャラじゃないよ…」
真宵「物凄く今更ですね、つい最近とんでもないキャラ崩壊してたじゃないですか」
神原「それにまだ決まった訳ではない。あくまで候補に入るというだけだ」
真宵「そうですよ、トリのあの2人のラジオには執筆時間が膨大にかかるでしょうから、募集締切はまだ先になるでしょうしね」
神原「つまり、まだまだ候補は増えるかもしれないということだ」
撫子「……誰でもいいから撫子以外の人に入れて下さい…」
真宵「……その懇願もどうでしょう…?」

【執筆頑張って下さい】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。