3:309


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

309 :名無しさんなんだじぇ:2012/01/29(日) 18:20:58 ID:DG.jCQWs
【食堂】

神原「つまりゲストとパーソナリティが被ったときの対策は考えていないということか…しかしその時になったら考えると言うことは…別に、先輩のゲストキャラをパーソナリティに投票しても構わんのだろう?」
アーチャー「わざわざ人の台詞を流用するな」
美琴「それで、誰に投票するのよ?」
真宵「いえ、この書き手は投票しませんよ」
撫子「もう前に投票済ませちゃってるもんね。そういえば2人がパーソナリティになったときも投票で決まったんだよね?」
アーチャー「そういえばそうだったな…」
神原「あの時はふなちゃん・みっちーコンビも人気だったな」
真宵「今でもあの2人のコンビはたまに登場しますけどね」
撫子「そういえば私と真宵ちゃんにも何票か入ってたよね」
真宵「相方はバラバラでしたけどね。私と千石さんのコンビにも1票ありましたし」
神原「しかしあれから大分経っているからな…たまり場の状況も大幅に変わっている」
美琴「誰が新パーソナリティになるのか…私の場合、もう選ばれなくても他人事じゃないのよね…」
神原「そういえば御坂ちゃんはゲストに呼ばれるのだったな」
美琴「まあね…できればまともな人にパーソナリティしてもらいたいわ…」
真宵「その辺は読み手さんの投票次第ですね」

衣『ではみんな!衣と麻雀をしよう!』

神原「お、天江さんのラジオが終わった様だな」
真宵「……今はいいですけど、当日はラジオ切っておいて下さいよ」
アーチャー「言われずともわかっている」
撫子「それにしても本当に大きくなったね、食堂」
神原「これが次のラジオの日に破壊されると思うと…勿体ないな…」
アーチャー「待て、もうここで戦闘になるのは確定なのか?足止めをするのは構わんが、別に、料理だけで止めても構わんのだろう?」
真宵「……そんなに戦いたくないんですか?」
アーチャー「当たり前だ!!」
美琴「そんな声を大にしなくても…」
撫子「……ラジオ聞いてたら麻雀したくなってきちゃった」

ジャラジャラ

真宵「そういえばアニメ『偽物語』で、遂に羽川さんと忍さんが登場ですね」
神原「羽川先輩、かなりのイメチェンだな」
撫子「原作を読んでても最初は『誰?』ってなっちゃうよね」
真宵「でもあのイメチェンもまだ完全体ではないんですよねー」
神原「そうだな…原作未読者もいるだろうから、ここではそれ以上は言えないが」
撫子「え?それじゃあ散々ネタバレされちゃった撫子はどうなるの?」
真宵「………」
神原「………」
撫子「……黙らないでよ…」
真宵「そんなことより忍さんが到頭喋りましたね」
撫子「無理やり話題を変えた!?」
神原「うむ、原作を知らない人はこんな口調なのかと思ったことだろう」
真宵「真綾さんの声も良かったですね~。その辺黒糖さんはどう思いますか?」
黒桐「読みは同じだけど、僕はそんな甘そうな名前じゃないよ。僕の名前は黒桐だよ」
真宵「失礼、噛みました」
黒桐「悪いけど、僕にもツッコミスキルはないからね」
真宵「ノリが悪いですね~」
神原「それで、結局黒桐さんは忍ちゃんの声をどう思ったんだ?」
黒桐「いや何故僕にそれを聞くのかわからないんだけど…」
真宵「またまた~わからない筈がないでしょ~」
神原「そろそろこのたまり場でも、あのことをネタにしなくてはと思ったのでな」
黒桐「いや別にしなくてもいいんじゃ…」
真宵「できれば将棋さんにも色々聞きたいんですけど」
黒桐「式の名字は両義だよ。それに何を聞くんだい?」
真宵「いえ、お2人の中の人の馴初めとか…」
黒桐「そんなこと聞かれても困るんだけど…」
神原「いやいや、中の人のことなんだからある程度は答えられるだろう?」
黒桐「いやいやいやいや、知らないから。本当に知らないから。って言うかその為に僕をここに呼んだの?」
撫子「ううん、それは麻雀の頭数が足りなかったから」
黒桐「じゃあその話はおしまいにして麻雀をしよう」
神原「逃げたな…」

【終了】

神原「」チーン
真宵「……本当に運任せのゲームは弱いですね…」
撫子「あっという間に終わっちゃってつまんないね…」
黒桐「……それじゃあ僕はこれで…」
真宵「あ、まだ話は終わってませんよ」
黒桐「……本当に勘弁して下さい…」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。