5:238


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

238 :名無しさんなんだじぇ:2012/01/14(土) 05:37:31 ID:2KOz0OEk
衣「そういえば…唯」
唯「ん、どしたのコロちゃん?」
衣「唯の打つ麻雀はえげつないと聞いているのだが、本当か?」
唯「んー、どうだろ。わたしあんまり打たないし」
衣「どうだろう、一度衣と打ってみないか?」
唯「うん、いいよー」
衣「よし、ならばとーか、入ってくれ」
とーか「わかりましたわ」
唯「じゃあ、りっちゃん入ってよ」
律「いいけど…そんな安請け合いして大丈夫なのか?衣はつえーぞ」
唯「大丈夫だよ~」
律「そんな軽く…」
ムギ「本当に大丈夫かもしれないから困るのよ」
律「どういうこと?」
ムギ「…そういえばりっちゃんはあのときの唯ちゃんの麻雀を見てなかったわね。まあ、すぐにわかると思うわ」
律「?」
衣「おーい、始めるぞ」
唯「りっちゃん早くー」
律「わかったから急かすなって」
~しばらくして~
衣「(南場に入ったが、唯は全然ではないか。打ち方は素人同然で今は最下位。どこがえげつないと言うのだ)」
律「唯~お前ダメダメじゃねえか」
唯「もーこれからだよこれから」
とーか「(そうでしたわね、あのときもこんな状況から…)」
唯「あっ、ツモ」
律「どれどれ…リーチ、ツモにドラが1個だけのゴミ…はああああああああああ?!」
衣「裏ドラが暗子にもろ乗りしている…だと…」
ムギ「始まりましたね」
とーか「そうですわね…」

唯「ろーん!」
律「ちょっと待て!ちょっと待て!お前なんだよ、そのドラの乗り方は?」
衣「またもろ乗り…だと…」
唯「?」
律「いやそんな顔すんな」
~またしばらくして~
衣「…あぶなかったぞ。オーラスで上がれてなかったら負けていた…」
唯「ん~おしいとこまで行ったんだけどな~」
ムギ「りっちゃん、わかった、唯ちゃんの麻雀のえげつなさ」
とーか「以前に池田さんと対局したときにはゴミ手にカンドラを乗せてドラ16の数え役満にまで仕上げたのですわ…」
律「ああ、嫌ってくらいわかったぜ…」←最終的にビリ
衣「…なあ唯」
唯「何?」
衣「唯、衣と友達になってくれないか?」
唯「えー」
衣「えっ…」
唯「もうコロちゃんとわたしは友達だよ~。これからも仲良くやっていこうね」
衣「おっ、そうだな、仲良くやっていこう!」
唯「うん!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。