5:70~77


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

70 :名無しさんなんだじぇ:2012/01/01(日) 23:19:43 ID:LsrPhknA
利根川「ふむ、すごろくか」
兵藤「懐かしいのう。 釈放も決まった事だし、儂等も参加するかの」
小十郎「俺は遠慮させて貰うか。 畑の世話もあるしな」
政宗「俺は乗ったぜ。 新年に死者スレのTOPを獲るのも悪くねえ」
幸村「某も燃えているでござる!!」
利根川「む、そういえば船井はどうした?」
玄霧「先程から姿が見えませんね」
兵藤「大方また何処かで死んでおるのじゃろうて」

【ZAN-SHU 小十郎と船井以外参加】


71 :名無しさんなんだじぇ:2012/01/01(日) 23:35:35 ID:Z9PmyWZw
【食堂】

アーチャー「ふん…それで貴様は問題を先延ばしにして逃げ帰って来た訳か…」
士郎「逃げ帰って来た訳じゃない!」
アーチャー「逃げでなくて何だ?全く…貴様の曖昧な態度がああいった事態を招いていると何故気づかない?」
士郎「………」
アーチャー「今回は被害が船井だけだったからよかったものの…もっと多くの人間に被害が被ったらどうするつもりだ?」
士郎「それは…!」
アーチャー「そんないい加減な気持ちで『正義の味方』だと?笑わせるな」
士郎「…ッ!」
アーチャー「ふん、まあいい…今はここに辿り着いた奴らの為に、ご馳走を用意することに集中するか」
士郎「……あぁ…」

カランカラン

美穂子「こんにちは」
士郎「あれ?福路…?」
アーチャー「何故ここに…?まさかもうすごろくを終わらせたのか…?」
美穂子「いえ、今の私は料理人として来ています。ここで上埜さんや華菜が来るのを待ちます」
アーチャー「……なるほど…」
美穂子「それじゃ、何を作りましょうか?」
士郎「そうだな…」

【ミホミホ、食堂待機】

美穂子「そういえば…食堂の前にあのシスターさんが倒れてましたけど…」
士郎「あ、俺も見た」
アーチャー「放っておけ」

【食堂前】

インデックス「うぅ~…お腹が空いて動けないんだよ~…」グーギュルルルル

【インデックス、空腹で行動不能】


73 :名無しさんなんだじぇ:2012/01/02(月) 00:11:26 ID:zUCcdDXM
【主催本部】

イリヤ「…それじゃ私も参加しよっかなー」
リボンズ「おや?珍しいね。君が進んで行事に参加するなんて…」
イリヤ「別にいいじゃない、そういう気分なのよ」
リボンズ「まあ別に構わないけど…本編投下がされるまでには、その体はイリヤに返してやってくれよ」
影イリヤ「……何だ、気付いてたんじゃない」
リボンズ「まあね…面白いから放置してたけど…」
影イリヤ「ならそのまま見過ごしてくれると助かるわ」
リボンズ「僕に不都合がない限りは、君の邪魔はしないよ」
影イリヤ「…行こう、バーサーカー」
バーサーカー「■■■■■■■■――――――」

【影イリヤ、バーサーカー、参加決定】


74 :名無しさんなんだじぇ:2012/01/02(月) 00:34:41 ID:LEzq6ikw
~安土城・巨大双六振り出し地点~
小萌「ではこれで参加者は全員ですね」
影イリヤ「ちょっと待ったー!」
バサカ「■■■■■■ー!」
唯「ば、はさかさんだー」
あずにゃん「あれ、狂化してますよ」
影イリヤ「この戦い私たちも参戦させてもらうわよ!いいわね!」
筆頭「へっ!拒む理由もねえぜ!」
ひたぎ「右に同じよ」
律「ゲームは人が多いほうが楽しいからな!」
玄霧「それではゲームスタートスタートの前にチームを分けましょう。26人個別行動とかスレがいくつあっても足りませんからね」
小萌「では一チーム4人で6チーム作りましょう!あ、イリヤちゃんとバーサーカーちゃんは二人一チームでお願いします」
影イリヤ「了解したわ」
~カット(友情出演:ワラキアさん)~
小萌「ではチームができたのでそれぞれ見ていきましょう」

チームA
衣「絶対に勝つぞ!」
とーか「勝利などたやすいですわ!」
ふじのん「ライダーさん、幸運値ってどうなんですか?」
ライダー「…E」

チームB
ひたぎ「結局いつもの面子なのね」
C.C.「多くの書き手が慣れているであろう組み合わせだから楽といえば楽なのだろう」
黒子「今日こそ決着をつけますわよ!」
当麻「不幸だ…」

チームC
セイバー「クロコには負けません!」
撫子「ひたぎお姉ちゃんには負けない!」
ファサリナ「私たちはのんびりいきましょう」
ユフィ「はい」

チームD
律「勝つぜー!」
ムギ「勝ちましょう」
美琴「アイツ、大丈夫かなあ…?」
小萌「なるようにしかなりませんね」

チームE
唯「ぜったい勝つよー」
あずにゃん「唯先輩は運とかよさげですよね」
かじゅ「それが鍵になるかもな」
プリシラ「いっくよー!」

チームF
会長「ムサ苦しいのう‥」
利根川「ここは我慢かと‥」
玄霧「まあ無理は言えませんからね」
筆頭「面子なんざ関係ねえぜ!」

チームG
影イリヤ「そういえばバーサーカーの幸運値っていくつだっけ?」
バサカ「?」

玄霧「それではチームも出揃ったので」
小萌「新春死者スレ大双六大会スタートです!」

【大双六大会スタート!】


75 :名無しさんなんだじぇ:2012/01/02(月) 00:57:19 ID:LEzq6ikw
74
やっべ…素で幸村を忘れてたorz

幸村「せ、拙者はどのちいむに入れば?」
玄霧「では私に代わってチームFに入るといいでしょう」
幸村「いいのでござるか?」
玄霧「はい、私はゲームを円滑に進めるため進行役に回るとしましゅう」
幸村「かたじけないでござる!」
玄霧「いえいえ」

【チームF 玄霧に代わり幸村参戦】
【玄霧 ゲームの進行役に】


76 :名無しさんなんだじぇ:2012/01/02(月) 01:03:02 ID:J3Vl.t5s
部長「みんなー新年初打ちするわよー」
美穂子「今起きたんですか…」
部長「…あれ?二人しかいないの?他は?」
池田「みんなすごろく大会に行ったし!」
部長「すごろくぅ?」

部長「…他に打てそうなメンツはいないの?」
美穂子「ちょっと思い当たらないわ」
部長「アーニャとか海原君とか」
美穂子「お二人とも麻雀を打った事がないんじゃないかしら?
     それに海原さんは妹Fさん?と一緒に行方不明よ?」
部長「妹Fって御坂さんのクローンでしょ?御坂さんって確か14歳よね?
    倫理的にどうなの、それ」
美穂子「倫理や道徳は恋愛の前ではあまり意味がないんじゃないかしら?」
部長「いや、表現的に」
美穂子「そもそもクローンに該当する人権や倫理があったかしら…」

部長「外見上子供でも設定が18才だったら大丈夫という時代じゃ既にないのよ?!」
美穂子「なんでそんなに熱心に語ってるの?」
部長「規制について熟知してなければ二期なんて無理だからよ!
   永水の副将見た?!乳首見えてるのよ!?」
美穂子「(タメイキ)私はもう食堂に行きますから、好きなだけ面子を探していてください…」
部長「えー、つまんなーい」

池田(…なんでこのスケコマシ、キャプテンが二人で新年を過ごしたいって思ってるのを分からないんだろう…)


77 :名無しさんなんだじぇ:2012/01/02(月) 01:45:03 ID:DIYpgrfk
美穂子「あの…」
アーチャー「あぁちょっと手が放せないんだ!自分で役割を見つけてくれ!」
士郎「悪い、福路!」
美穂子「わ、分かりました!」

アーチャー「なんだ、この地獄のような邪気は…」
士郎「ふ…福路…?」

グツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツ
グツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツ
グツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツグツ

美穂子「ぅふふ…煮えてる…」

アーチャー「おい、またなんかあったのか?」
士郎「俺が知るかよ!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。