180


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

180 :名無しさん:2009/12/13(日) 20:00:56 ID:0N1fDL8k
安藤『はい、本番行きます。3、2、1、』

とーか「龍門渕透華と!」
池田ァ「池田華菜の!」
二人「「『新人さん、いらっしゃ~い!』The・3rd!!!」」
とーか「早いものでこの放送も四回目!これもこの死亡者たちのたまり場を贔屓にして下さっている皆様方のお陰ですわ」
池田ァ「これからも元気一杯に頑張って行くんで、本編第二回放送まで宜しくお願いするし!そんな訳でこの放送は!」
とーか「『皆様方のお耳の恋人』……って、この放送文章なのですけど……まあいいですわ。龍門渕透華と!」
池田ァ「某スレでは「ウザ可愛い」と評判の池田華菜ちゃんがお送りするし!」
とーか「自分で言っていれば世話はありませんわね。まあ、戯言はともかく、本日のゲストをお呼び致しましょうか」
池田ァ「了解だし!……って戯言扱い!?と、とにかくどうぞ!」

真宵「八九寺真宵です。お父さんとお母さんから貰った大切な名前なのです。この度、めでたく二度目の浮遊霊となりました」

とーか「また可愛らしい新人さんですわね」
池田ァ「待たせて悪かったし!では、早速……」
真宵「話しかけないでください。あなたの事が嫌いです」
池田ァ「いきなり嫌われたし!?」
とーか「これはまたご挨拶ですわね。年上に対する口の聞き方を習いませんでしたの?」
真宵「すいません、あなたのお嬢様キャラは生理的に受け付けそうにないので話しかけないでいただけますか?
池田ァ「存在否定!?っていうか初っ端から毒舌全開だし!」
とーか「……池田さん、ロワ動向に入って頂けませんこと?」
池田ァ「え……っと、り、了解だし!!」

「まよいザワザワ」にて初登場。
開始直後心霊スポットにて伊藤開司に発見され、お決まりの「あなたの事が嫌いです」と独特の調子で翻弄しながらもカイジの提案でギャンブル船へ。
港にて休息を取った後乗船、第一回放送の後ギャンブルルームにて天江衣を大泣きさせる。
カイジ・利根川コンビがギャンブルでペリカを荒稼ぎする間、利根川幸雄、グラハム・エーカー、衛宮士郎、白井黒子、秋山澪、明智光秀が合流、総勢9人でお互いの世界の情報を交換する。
その後、光秀・澪組、グラハム・士郎・黒子組が参加者の捜索の為離脱、衣と共に休息に入るも、カイジと利根川の会話が気になり盗み聞き。
だが、利根川の「参加者は精神異常者」発言に憤慨し利根川の手に噛み付くも、振り払われ船の手すりに激突し気絶、海へ転落していった。
こうして、「“自称”幽霊」となった少女は再び真の「幽霊」となったのだった。

池田ァ「あれ?なんかやけに短いし」
真宵「無理もありません、私は第一回放送までカジさん以外の人と出会いませんでしたし、カジさんに話し相手になってもらう以外にする事もありませんでしたし」
とーか「そういえば、うちの衣が随分とお世話になったそうですわね」
真宵「あれはこよもさんが悪いのです。高校生ともあろう者が、たかが悪口程度で泣く方がおかしいのです」
とーか「保護者を前によくそんな口が聞けたものですわねえ……」
真宵「すみませんが離れて頂けますか、金髪が感染りかねせんから」

ゴゴゴゴゴ…………!!

池田ァ「も、物凄い密度のプレッシャーだし……ここは、巻き込まれる前に……」
とーか「あら、まだ収録は終わってませんわよ?」
真宵「職場放棄は関心しないのです」
池田ァ「は、離せー!!華菜ちゃんはこの修羅場から離脱するし!!」
とーか「御坂さん!この小娘に礼儀を教えて差し上げなさい!!」
ビリビリ「3rd死者スレゴミ処理係・御坂美琴!お呼びとあらば即参上!!
     喰らえ必殺の超電磁砲!!」
真宵「何の、池田防壁!!」
池田ァ「にゅああああ、華菜ちゃんを盾にするなー!!あ、アッーーー!!!」

ガシャアン!!―――ブツン!!

【第四回放送 超電磁砲が機材に直撃、大破により強制終了】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。