4:944


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

944 :名無しさんなんだじぇ:2011/12/27(火) 00:19:59 ID:LiGPV.FE
インデックス「ともかくこれで事後の憂いは無くなったのかな?」
キャスター「そうね…でもこの宝石…というかこまっしゃくれた処女臭のする魔力、何処かで見たような…」

タタタタタタタタタズサー

アーチャー「ちょっとまてキャスター!それはか…俺のペンダントじゃないか!」
キャスター「はぁ?あなたのペンダントとやらは荒耶宋蓮が完全に魔力を使い果たしたじゃない」
アーチャー「確かにこの宝石からは潤沢な魔力が残っているようだが、しかしこれは間違いなく!」
インデックス「未練がましい男は嫌われるよ?」
アーチャー「いや、未練などというものはない!ただこれをあの小娘の為に、しかもくだらない企みの為に使うのは…」
インデックス「女の子の一番大切なものをくだらないとか酷い言い草なんだよ!」
キャスター「最低ね、アーチャー。元からそうじゃないかと思ってたけど確信したわ。
       あなたって女の敵、いわば人間の屑よ。そんなんじゃ誰にも心が通じるはずなんてないわ」
アーチャー「余計な御世話だ!とにかくそのペンダントを使うのならばもっと有意義な事にだな」

ガシッ

セイバー「アーチャー、お腹が空きました」

ぐーきゅるるるる

インデックス「あ、そう言えば私もお腹が空いたんだよ!」
アーチャー「ちょ、ちょっと待て…なんでわたしが…今大事な話し合いのさいちゅ…?!
       離せっ!はなせえええええええええ!」

ズルズルズル

キャスター「やれやれ。これで気兼ねなくりっちゃんの処女膜再生に使えるわね」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。