4:878


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

878 :名無しさんなんだじぇ:2011/12/23(金) 23:34:29 ID:PRdxm.h2
その日、僕こと黒桐幹也はクリスマスに向けて急いで準備をしていた。

 「うー、仕事仕事」

すると公園のベンチに一人の執事が座っていたんだ。

 (うほっいい男)

その男は僕の視線に気付いたのか、こちらを見るとおもむろに立ち上がった。

 「お気づきになられましたか」

男の台詞に僕は全く理解が追いつかず、果たしてどうしたものかと立ち止まって思案に暮れていた。
すると男もこちらの態度に気がついたのか、軽く会釈をした。

 「今わたくしに会ったことはお忘れくださいませ」

と言うや否や男はそのまま姿を消しさった。
僕はまぁ先方も誰かに言われるとまずいんだろうしと思って、黙っていようと決意した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。