4:671~673


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

671 :名無しさんなんだじぇ:2011/11/26(土) 19:45:54 ID:Z0Qt2ZAg
とーか「むー…」
かじゅ「少しは落ち着け…というのは無理か」
部長「そうよね、もう少しで全てが終わるかもしれないのだからね」
美穂子「その割に加治木さんは落ち着いてますね」
かじゅ「もうじたばたしてもしょうがないからな。それロン」
とーか「くぁっ…」


672 :名無しさんなんだじぇ:2011/11/26(土) 22:05:17 ID:FwrkE8qE
撫子「みんな本編投下が近づいて緊張してるみたいだね…」
セイバー「おかわりです!!」
黒桐「そうだね…」
アーチャー「まだ食べるのか…?」
撫子「そういう幹也お兄ちゃんも結構緊張してるよ…?」
セイバー「言ったでしょう…私の胃袋は宇宙です!!」
黒桐「うん…まぁね…」
アーチャー「だからそのネタは古いと…はぁ…」
撫子「やっぱり式さんが心配…?」
セイバー「全く…こんな時にシロウは一体どこに…私のご飯はシロウの担当でしょう…」
黒桐「うん…相手が相手だからね…」
アーチャー「もうすぐ本編投下だからみんなと一緒に見に行った…寧ろ見に行かない方がおかしい…」
撫子「撫子も暦お兄ちゃんが心配だよ…ううん…きっとみんなそれぞれ心配してる人がいると思う…」
セイバー「どんな理由があろうと私のご飯を作ることを放棄するなど許せません!!」
黒桐「………僕らもそろそろ行こうか…」
アーチャー「…出来れば私も見に行きたいのだが…はぁ…」


673 :名無しさんなんだじぇ:2011/11/27(日) 01:24:06 ID:F5hbOgSU
海原「こうやって…こう。わかりましたか?」
ユフィ「やはり…美しいです」
ふじのん「前よりはよくなっていると思いますけど…この域にはまだ…」
海原「大丈夫ですよ、申し訳ないという気持ちがあればフォームは自然と美しくなります。ではもう一度…」
二人「はい!」

筆頭「なんだ、ありゃ?」
神原「海原さん講師による『美しい土下座教室』だ。ユフィさんは衣ちゃん、浅上ちゃんは東横ちゃんが来たらきちんと謝りたいとのことだからな」
筆頭「…色々と大変だな」
神原「まああの努力が無に終わるのか一番いいのだがな」
筆頭「だが、浅上はほっといていいのか?」
神原「投下中及び投下終了後しばらく経つまではあれだ。もう少し待とう。もし誰かが来れば…」
筆頭「確かにな。じゃあもう少し好きにやらせるか」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。