4:405~410


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

405 :名無しさんなんだじぇ:2011/10/03(月) 21:38:22 ID:KthIUhxU
戦場ヶ原「突然ですが、ここでクイズです」ババン
上条「本当に突然だな…」
C.C.「このアニロワ3rdは様々な世界から参加者を集めていましたが、その世界は全部でいくつでしょう?」
上条「いや参戦作品が12作なんだから、12個じゃねーの?」
戦場ヶ原「残念、不正解です…」ブッブー
上条「えっ?何で?」
C.C.「『空の境界』と『Fate/stay night』は同じ『TYPE-MOON』の作品で、同一世界であることが語られています」
戦場ヶ原「ということで正解は11個でしたー」
上条「はぁ、なるほどねー…」
C&戦「「………」」
上条「………えっ、それだけ?」
C.C.「うむ…どうやらこれを書いている者は明日から忙しくなるそうでな…しばらく書き込めないそうだ…」
戦場ヶ原「だから『毒吐き代行組』結成1週間の記念も兼ねて、その前にまた雑談をしようと思っていたんだけど…」
C.C.「どうやら今のクイズが最後のネタだった様だ…」
上条「あぁそうなの…」
戦場ヶ原「はぁ…何か面白いネタはないかしら…」


406 :名無しさんなんだじぇ:2011/10/03(月) 21:39:24 ID:KthIUhxU
ガチャッ

神原「たのもー!」
戦場ヶ原「あら?」
C.C.「おや?」
上条「ん?」
神原「おお!?戦場ヶ原先輩!それにC.C.さんに上条君ではないか!」
戦場ヶ原「神原じゃない、どうしたの?」
神原「ああ待ってくれ戦場ヶ原先輩、今脱ぐから」ヌギヌギ
上条「いや何で!?」
神原「何を言う?戦場ヶ原先輩を含めたお三方と話をするのに、服を着ていては失礼ではないか」
上条「どういう理屈だ!!?」
戦場ヶ原「神原、とりあえず今日は着たままでいいわ」
神原「むっ?そうか?」
戦場ヶ原「ええ、あなたの裸は上条君に見せるにはもったいないわ」
上条「どういう意味だ!!?」
C.C.「何だ?見たかったのか?」
上条「い…いや、そ…そういう…訳…じゃ…」ゴニョゴニョ
C.C.「声が小さくなってる上に、どもっているぞ。やはり童貞ボーヤだな」
上条「う…うるせぇ!」
C.C.「ツッコミにもキレがなくなってるぞ…いい加減落ち着け…」
戦場ヶ原「それで結局何しに来たの?」
神原「うむ、実はレイさんが誰かに『控室』を追い出されたというのでな…」
上条「へっ?」
神原「一体誰が?と思って来たのだが…そうか、戦場ヶ原先輩達だったのか…」
上条「…おい…」
C&戦「「………」」


407 :名無しさんなんだじぇ:2011/10/03(月) 21:40:21 ID:KthIUhxU
――1週間前――

C.C.「なるほど、『毒吐き代行』か…これなら私達のここでの出番も増えるかもしれないな」
戦場ヶ原「ええ、これなら今まで私達を空気扱いしていた連中を見下す…もとい、見返すことができるわ」
C.C.「しかし場所はどうするんだ?地べたでやるのは嫌だぞ」
戦場ヶ原「大丈夫、ちょうどいい場所があるから」
C.C.「どこだ?そんな場所あったか?」
戦場ヶ原「『死者スレ控え室』よ。もう使い道もないんだし、ちょうどいいわ…人を出迎えるのにもね…」ニヤリッ
C.C.「なるほど…確かに…」ニヤリッ
戦場ヶ原「とか何とか言ってる間に着いたわね。さて、まずはここの改装を…」

ガチャッ

レイ「ん…?」
戦場ヶ原「…」
C.C.「…」

バタンッ

C.C.「おい、どういうことだ?何でレイがまだ居るんだ?」
戦場ヶ原「てっきりもう出て行ったと思っていたんだけどね…」
C.C.「どうするんだ?このままじゃここで『毒吐き代行』なんてできないぞ…」
戦場ヶ原「そうね…」

――3秒後――

戦場ヶ原「追い出しましょう」
C.C.「それしかないな」

ガチャッ

戦場ヶ原「出て行きなさい」
レイ「…はっ…?」
C.C.「出て行けと言っている」
レイ「いや…どういうk」
C&戦「「さっさと出て行け」」グイグイ
レイ「お…おい押すな…!」

バタンッ

レイ「な…何なんだ一体…?……まあいいか…」

――回想終了――


408 :名無しさんなんだじぇ:2011/10/03(月) 21:41:06 ID:KthIUhxU
戦場ヶ原「ああ…あの時のこと…」
C.C.「そういえばそんなこともあったな…」
上条「お前らホント何やってんの!?」
神原「しかし『毒吐き代行』か…何故教えてくれなかったのだ?教えてくれれば私も一肌脱いだのに…」
戦場ヶ原「どうせあなたが脱ぐのは、今着ている服でしょう?」
神原「むぅ…ばれていたか…」
戦場ヶ原「それに『毒吐き代行』なんて人に嫌われるような仕事の手伝いを、大事な後輩にさせられないわ」
神原「せ、戦場ヶ原先輩…」
上条「あの~…じゃあ何で俺は手伝わされているんでせう?」
戦場ヶ原「最初に言ったでしょう?そこに上条君がいるからよ」
上条「おい!」
C.C.「より正確に言うならば…戦場ヶ原、何故上条をこき使うんだ?」
戦場ヶ原「そこに上条君がいるからよ」
C.C.「ということだ」
上条「ふざけんな!!」


409 :名無しさんなんだじぇ:2011/10/03(月) 21:42:43 ID:KthIUhxU
戦場ヶ原「とにかく神原、あなたにこの仕事を手伝わせる訳にはいかないわ」
神原「むぅ…残念だ…」
上条「いや残念がるなよ…手伝ってもろくなことねーぞ…」
戦場ヶ原「それより神原、あなたは他にやることがあるでしょう?」
神原「むっ、何だ?」





戦場ヶ原「『死者スレラジオ』の準備よ…いつになったら私達の出番が回って来るの?」





神原「あぁ…え~と…だな…」
戦場ヶ原「あなたと…え~と…ハンダコテさんがパーソナリティになってk」
上条「伊達だ!伊達正宗だ!!余計な文字が3文字も入ってる!!!」
戦場ヶ原「あらごめん、噛んでやったわ」
上条「完全にわざとじゃねーか!」
戦場ヶ原「名前を噛むくらいいいじゃない。こっちはもう死んでから1年以上放置されてるのよ…」
C.C.「とりあえず、2人がパーソナリティになってから、やった仕事は何だ?」
神原「え~と…ラジオ放送を1回と…スタジオの大掃除を…」
戦場ヶ原「それだけ?」
神原「そ…それだけだ…すまない…」
C.C.「大体何故福路美穂子を先にゲストに迎えたんだ?基本的には死んだ順に呼ぶべきじゃないのか?」
戦場ヶ原「一気に5人も順番を抜くなんて…どういうことなの?」
神原「い、いや…私も順番通りにするべきだと思っていたのだが…」
C&戦「「が?」」
神原「み、みんなが美穂子さんのミニスカサンタ姿が見たいと…」
戦場ヶ原「何よ、それくらい言ってくれたら私達だって…」
C.C.「むしろもっと過激な衣装で登場しても良かったんだぞ」
上条「やめろ、放送コードに引っかかる…」
神原「い、いや…それは是非私も見てみたかったのだが、『美穂子ファンクラブ』の圧力に押されて…」
C&戦「「あのファンクラブいつか絶対潰す!!」」
上条「落ち着け」


410 :名無しさんなんだじぇ:2011/10/03(月) 21:43:55 ID:KthIUhxU
神原「と、とにかく『死者スレラジオ』のことは、今度筆頭と相談してくるから…もう少し待っていてくれ…」
戦場ヶ原「絶対よ、これを書いている人も、楽しみに待っているんだから」
C.C.「というかたくさんの読み手が待っていると思うぞ」
神原「う、うむ…ではさらばだ!」

バタンッ

上条「行っちまったな…」
戦場ヶ原「全く…最後の放送からもう9か月も経ってるのよ…」
C.C.「いい加減待ちくたびれた…」
上条「そう言うな。この雑談を見たら、ラジオ書き手氏も書いてくれるかもしれねーじゃねーか。まあ本人の都合もあるだろうから、すぐ書けとはいえねーけどな」
C.C.「それはそうかもしれんが…」
戦場ヶ原「仮に書かれたとしても…まだ不安があるのよ…」
上条「?何が?」
C.C.「もしもラジオに呼ばれるのが、完全に人気順になっているとしたら…」
戦場ヶ原「私達が呼ばれるの、大分後になるんじゃない?」
上条「あ~…かもな…」
C&戦「「他人事だと思いやがって…」」
上条「い、いや~そんなことは…」
C.C.「まあ、とにかくこれを書いている者は、しばらく書き込みが難しい状況になる」
戦場ヶ原「掲示板チェックはするみたいだけどね」
上条「1週間もよく書き込み続けたな…」
戦場ヶ原「これだけやれば『死者スレ用語解説』にも間違いなく載るでしょう」
C.C.「載せるときは『毒吐き代行組』でも『毒吐き代行トリオ』でも全く違う名前でも編集する者の好きにするがいい」
上条「まだあきらめてなかったのかよ…」



C&戦「「『毒吐き代行』を、これからもよろしくね☆」」キラッ
上条「ぶっちゃけもうお前ら何でもアリだよな…」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。