※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

去年、びわこ成蹊に負けて悔し涙を流してから一年。
APU遠征から始まり、KOBEカップでベスト4、滋賀県リーグ1部残留、関西学生リーグ、強豪チームとの練習試合...すべては、この日のために。

第8回全日本大学フットサル大会滋賀県予選
in 滋賀県立大学

第1試合はびわこ成蹊が滋賀県大に4−2で勝利。

そして第2試合
立命館vs滋賀県立大
昨年は勝ったものの苦しめられた相手。
前半立ち上がりから攻め込むが、なかなか点が取れない展開。すると前半 4:15 に滋賀県大がピヴォ当てから振り向きざまのシュートで先制 され0-1とされる。
しかし、慌てずに自分たちのペースに持ち込む。前半1:01 ゲームキャプテン宮下のミドルシュートがゴール左隅に突き刺さり同点とすると、前半0:37 続けて木村のシュートで勝ち越し!
前半を2−1と逆転して折り返すと、後半も立命館ペースで試合が進む。後半13:35 と後半10:30に木村が得点で木村はハットトリック。最後は後半6:43 に木田の落としから川上が押し込み追加点で5-1で試合終了!

結果 立命館5-1滋賀県立大

まずは1勝。次は宿敵びわこ成蹊。引き分けでも得失点差で関西大会出場が決まるが、どうしても勝ちたい相手。

第3試合
立命館大学vsびわこ成蹊

序盤から両チーム攻め合う展開だが、両チームゴレイロが好セーブで得点を許さない。激しい試合展開の中で先制したのは立命館でした。前半7:40 木田→川上と繋ぎ最後は大島のシュートでゴール!1−0とします。しかし、びわこ成蹊も前半6:35 コーナーから得点し同点にされる。さらに前半3:43 びわこ成蹊がまたもコーナーから得点し1-2。逆転したびわこ成蹊は大騒ぎ。前半を1−2で折り返す。

残すは後半の15分間だけ。それで決まる。

後半も両チームのせめぎ合いが続くがゴレイロの北村がなんとか守る。打っても打っても相手ゴレイロを中心とした守りに得点できない。時間は刻々と過ぎていき残りは5分。しかしここで今の立命館の強さが出ます!後半4:32 宮下と木村個コンビネーションから木村が決め同点!立命館の応援団はテンション最高潮に!びわこ成蹊は勝たなければならないのでパワープレーを仕掛けてきます。しかし児玉が良ディフェンスで相手のチャンスを潰すと、残り9秒、パワープレー崩れから木村が決めて2−3逆転!!!!そして試合終了。

結果 立命館3-2びわこ成蹊

その瞬間、 立命館大学All.1の滋賀県予選優勝、関西大会出場が決定!


試合後には祝勝会も開かれました。

さて、次の舞台は7/14の関西大会!場所は滋賀県立体育館です。
2年前の関西ベスト4を越す全国大会出場に向けて立命館大学All.1はまた練習から取り組みます。もちろん、滋賀を代表してびわこ成蹊、県立大の分もがんばります。
引き続き応援よろしくお願いします。