※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

炎は残り続ける


「いってー!!」

俺は開始早々、ドヂをかましてしまった。
あの光にのまれてここに飛ばされた時、空中から投げ出されてしまった。
ゲーム開始から最初の痛みの原因は、受け身の失敗だった。

「冗談じゃねえよ!!落とされるなんて聞いて…!」

叫んではみたが、やっぱり身体は相当痛んだ。
体をひねる暇もなく、衝撃は結構なものだった。
これがもしも首から落ちたとしたら、と思うとずいぶんマシな結果だと思う。




とりあえず痛みが引くまで休もうと考えたわけで、その辺の手ごろな木にもたれかかった。
木の表面は少し柔らかかったから、背中にゴリゴリとした感触はしなかった。

俺はこの時、内心落ち着いていた。
月光の奴も、普通の俺だったら慌ててる筈だと思ってるに違いない。
それぐらい落ち着いていた。

あの連中について自分なりに考えてはみたけど、
全くもって何も考え付かない。
落ち着いてても頭の回転は変わんないのか………
ため息をついて、一度周りを見渡す。
どこまでも木しか映ってない、そんな森の中だった。

人の気配が感じられなかったから、俺はバックの中を調べだす。
名簿の中にはヒメアに遥、月光とミライか…

「知り合いは俺を含めて5人か。」

そして地図を見だす。
自分の今いる場所は南西の……山か…

「でも…この白線は何だ?」

都市の真ん中から二か所は橋のような場所に、もう一つは自分の近くのあたりで消えている。

「ひょっとして道路か…?だったらわかるんだけど…」

う~んと頭をひねるがハッキリとした答えは相変わらず出てこない。
自分が今いる場所だって山なのか平地なのかわからない。
発想力はあった方がいいな……



もう一度考える。
この緑の少し薄いのが、下側だけにないんなら………

「そうか、崖か!」

緑の濃さで高低差が変わるなら、それが途中で切れてるこの場所は、崖が広がってる筈だ。
だったらこの白線も、都市部とこの山を直接繋ぐ道路なんだ。

なんでこんな事に気づかなかったんだよ、俺!
月光の奴ならすぐに気づいて行動してるに違いない。

「よし!」

痛みはとっくに引いていた。
今は夜だから、崖の周りを行動するのはいくらなんでも気が引ける。
時計回りに進めば、誰か発見できるかもしれないし、歩いて山を下りよう。

「あっ!そういえば武器は…」

バックの中に慌てて手を突っ込んで握ってみた。

「熱っ!なんだこれ!」

一瞬手を放してしまった。
手を放しても、熱気が手にどんどん当たってくる。
湯気が出ている感じだった。
我慢して引っ張り出すと、普段見た感じの肉まんとは極めておかしな部分を発見した。

「……ぁ……」




「アッチィィィイイイ!!!!!」

いけね……変なこと考えてる場合じゃなかった。
見た感じは深く考えなきゃ肉まんをバックにしまい込んで、もう一度行先を確認した。

「と、とりあえず俺の目的はヒメア達を見つけることだ。他にもたくさんの人もいるみたいだからな。」

誰かに襲いかかられることも考えたけど大丈夫だろ。
一度や二度死んだくらいじゃ、すぐ元に戻るし……

「問題は攻撃できるものか…もしもって事もあるし…」

あれは極力使いたくないから………しょうがない。
襲われたら逃げるか。

別に戦いたいわけじゃないからな。

「そろそろ行くか。」

荷物を全部しまい込んで、右肩にかける。

俺はあの鷹野って人が嫌いだ。
こんな首輪をつけて適当なことを言いまくって、
みんなだってきっとそうだ。
月光だって、ミライだって遥にしたってヒメアも俺と同じ考えの筈だ。

遥が危ない。普通の人間だから、俺たちの中で襲われたら一番危ない。
月光やミライは…アイツら強いから大丈夫か。

「ヒメアも……きっと大丈夫だ」

そう呟いて、走り出す。

「遥を見つけて他の連中を探し出す…!待ってろよ、遥!」




【F・G-2 中間 山岳地帯 1日目 深夜】
【鉄大兎@いつか天魔の黒ウサギ】
【状態】健康・強い決意
【装備】なし
【道具】支給品一式・娘娘名物マグロ饅@マクロスF
【思考】1、遥を見つけた後、他のみんなを探す
    2、このプロジェクトを止める
    3、元の世界に戻る
    基本:襲われたら逃げる
       最後の手段として貂魔の炎の力を使う

  本人は首輪の効果を知らない




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー