※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • PC1(第二いづみ[それ以外が来るかもしれん])
ロイス:瀬尾 大樹 関係P/N:好奇心/憐憫
ワークス/カヴァー:任意/高校生

君は通っている塾(※)で知り合った友人がいた。それが瀬尾大樹だ。
彼は気さくで、家はエリートにも関わらずそれを自慢するわけでもなく、人を差別せず、人の気持ちを理解してあげられる、とても"良いヤツ"だった。
彼は正直に言うと、頭の良い方ではなかったが、その努力は見て取れた。
親の期待に応えようと、一生懸命なのだろう。その姿は少し、痛々しいほどではあったが。

もう、夏だ。期末テストが近いことが、少しだけ憂鬱だ。
そんな折、君はUGNである事件の話を聞く。――瀬尾の両親が、死んだらしい。

※塾でなくとも構いません。そこらへんは設定次第で臨機応変に。


  • PC2(第一いづみ[それ以外が来るかもしれん])
ロイス:少年 関係P/N:約束/不信感
ワークス/カヴァー:任意

君はあるレネゲイド事件の調査を任されていた。しかし、現場に向かう途中、君は不思議な少年と出会う。
その少年は、君に助けを求めていた。だけどそれは、彼自身を助けてほしいということではないようだ。
彼は君に、あるものを渡した。そうして、もう一度、助けてほしいと言った。
彼が見つめる先には、事件現場があった。

ふと気が付くと、彼はいなくなっていた。
彼の言っている意味も気になったが、まずは現場の調査が先だ。それが終われば、支部へ戻りこれが何か調べる必要があるだろう。


  • PC3 希望:ぽたぽた
ロイス:瀬尾 大樹 関係P/N:好意/不安
ワークス/カヴァー:任意/高校生

君は、瀬尾大樹に好意を抱いている。
彼は明るく社交的であり、恋愛に限らず周りからは好かれるタイプであり、君もその一人だった。
しかし、最近彼はどこか疲れているようで、ため息をついている姿をよく見かけた。
元々さほど勉強が出来る訳でもないのに、親の過度な期待に応えるために一生懸命なのは君を含めた周囲も分かっているが、彼の成績の伸びは、お世辞にも良くはなかった。

相談にでも、のってあげようかと君は考えた。
彼のために何かしたい、その一心で、君は彼に話しかけたのだった。

※別に、男でもいいです。 


  • PC4 希望:鳳@3番目のエクセル
ロイス:野良犬 関係P/N:同情/脅威
ワークス/カヴァー:任意(ただし設定としてUGNとの関係は持つこと)

君はある野良犬と出会った。
毛並みは綺麗で、野良とは思えなかったのだが、リードや首輪が見当たらなかったのだ。
人懐っこく、人を襲う様子も見られない、ごく最近捨て犬にでもなったのかという様子だった。
しかし、野良かそうじゃないかということよりも、君はこの犬からレネゲイドウイルスを感じたのだ。

この犬はまさか――オーヴァードなのだろうか。そう思った瞬間、犬は逃げ去って行った。
そうしていると、君の携帯がけたたましく鳴り響いた。着信者は――高槻 優。あぁ、これは間違いなく、不幸の電話だ。