※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「霧島 忍(メンチ)」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

霧島 忍(メンチ) - (2013/03/31 (日) 22:49:39) のソース

**“天才のぬいぐるみ-テディジーニアス”霧島 忍
プレイヤー名:メンチ

ワークス/カヴァー:教授/小学生
ブリード     :ピュアブリード
シンドローム   :ノイマン
消費経験点    :30点

『ライフパス』
出自:天涯孤独
経験:大成功
邂逅:腐れ縁
覚醒:償い 浸蝕値:18
衝動:飢餓 浸蝕値:14

『設定』
年齢:11 性別:男の娘 身長:130cm 体重:いくつだろう?
一人称:僕
特徴:
ショートカットの黒髪に知性的な瞳。
一見すると、男の子にも女の子にも見える容姿をしている。
常ににこにこと微笑んでいて、格好はいつもぬいぐるみ。
しかし頭のなかは常にフル回転中。

設定:
「霧島忍、小学5年生。職業は教授だよ」
「うん、僕天才なんだー♪」
「お兄ちゃん、お姉ちゃん。あの当たりをどーんとやっちゃってねー!」

小学生であり教授である。そしてUGNに協力しているイリーガルの1人である。
身体能力には恵まれておらず、戦闘は専ら他の人任せのスタイル。
しかし、的確な指示で常に優位に戦闘を進めることと、ぬいぐるみを着用しているところから
”天才のぬいぐるみ-テディジーニアス-”の異名を持つ。
幼少時、ただの勉学の天才として生活していたが、
とあるきっかけでオーヴァードとして自覚することになる。
そして、ピュアノイマンの超血統としての能力を発揮し、
知識量をグングン高めていく。
そして、小学校4年になるころには様々な功績が讃えられ、
教授として1流大学に在籍することとなる。
但し、小学生としての生活も気に入っている為、
普通の天才少年として地元の公立学校に通っている。

『能力値』
|肉体|1|感覚|1|精神|6|社会|3|
|白兵||射撃||RC||交渉|2|
|回避||知覚||意志|1|調達|10|
|運転(二輪)|2|芸術(爆発)|1|知識(ネットワーク)|2|情報(学問)|1|

|HP|28|常備化P|26|財産P|| 
|行動値|7|戦闘移動|13|全力移動|26|

『エフェクト』
|番号|名称|Lv|タイミング|技能|難易度|対象|射程|浸蝕値|制限|効果|
|-|リザレクト|1|AT|-|-|自身|至近|効果参照|99%↓|戦闘不能回復、(Lv)d点HP回復、同値浸食率上昇|
|-|ワーディング|1|AT|-|自動|シーン|視界|-|-|非オーヴァードをエキストラ化|
|1|天性のひらめき|3|MJ|効果参照|-|-|-|4|-|C値−LV(下限値7) 戦闘中以外あらゆる判定に組み合わせ可能|
|2|弱点看破|5|MJ|交渉|自動成功|単体|視界|3|-|攻撃力+[LV×3] ※超血統で最大LV+2|
|3|アドヴァイス|1|MJ|交渉|自動成功|単体|視界|4|-|C値ー1(下限値6) ダイス+LV個|
|4|勝利の女神|1|AT|-|自動成功|単体|視界|4|100%|判定直後に使用 判定の達成値+[LV×3] 1ラウンド1回|
|5|常勝の天才|3|SU|-|自動成功|シーン(選択)|視界|6|ピュア|あらゆる攻撃の攻撃力+[LV×4] 1シーン1回|

『イージーエフェクト』
|名称|Lv|タイミング|技能|難易度|対象|射程|侵蝕値|制限|効果|
|プロファイリング|1|MJ|-|自動成功|自身|至近|-|-|通常は気づかないようなちょっとした情報から対象の人物像を描き出す|

『コンボデータ』
|名称|条件|組み合わせ|タイミング|技能|難易度|対象|射程|侵食値|ダイス|C値|攻撃力|解説|
|ぬいぐるみの目|100%未満|2+3|MJ|交渉|自動成功|単体|視界|7|-|-|-|攻撃力+15 ダイス+1個 C値−1|
|-|100%以上|2+3|MJ|交渉|自動成功|単体|視界|7|-|-|-|攻撃力+18 ダイス+2個 C値−1|

『装備』
|名称|種別|技能|命中|攻撃力|ガード値|解説|
|素手|白兵|剥製|0|−5|-||

|名称|種別|装甲値|解説|
|戦闘用きぐるみ|防具|12|ドッジ−1 行動−1 P24 クマのきぐるみ|

『所持品』
|名称|種別|技能|解説|
|コネ:研究者|コネ|情報(学問)|ダイス+2個 P1|
|コネ:要人への貸し|コネ|情報|ダイス+3個 1シナリオ1回 P1|
|携帯電話|その他|-|アイフォン|
|カジュアル|その他|-|ぬいぐるみ|

『ロイス』
|関係|名前|感情(P)|感情(N)|備考|
|Dロイス|超血統(フルブラッド)|-|-|《弱点看破》LV+1 最大LV+2|
|腐れ縁|春日恭二|○好奇心|不信感|オーヴァードとして目覚めた当時に利用されそうに|
|仲間|小学校の同級生|○友情|疎外感|日常の生活はやっぱり楽しい|