アフィカスはちま、悪魔の実を食い破裂死


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 : 名無しさん必死だな[] : 投稿日:2012/09/21 21:04:11 ID:FOsEo+QD0 [1/2回(PC)]
先日「アフィカス王に俺はなる」の迷言で周囲を沸かせていた自称イケメンのアフィカスはちま氏(23)
が死亡していたことが明らかになった。

アフィカスはちま氏は今月初めおホモ達のJIN豚氏より悪魔の実の一つであるゴロゴロの実を譲り受け
食したところ全身の穴から汚汁を飛び散らせて「ほあ」という叫び声を上げて全身が破裂し、無事死亡した。

アフィカスはちま氏を調査したチョッパー医師はこれは悪魔の実を二つ食べたことによる副作用と断定した。
海軍がアフィカスはちま氏の父親である仁志氏を調査したところ彼は人間ではなく人間の仁志氏と雌ロバの恵氏の獣姦
により生まれたキメラと判明。事態の暴露を恐れた仁志氏がヒトヒトの実を食わせて誕生したロバ人間であった。

ロバ人間殺害の是非。司法界を騒がせた事件であったが菅原忠志少年裁判長の「よく分からないから死刑」の一言で
JIN豚氏の処刑が決定した。この判決に対し某社の吉田氏は「裁判長冴えてるわw 」と発言。周囲を爆笑させた。

屠殺は速やかに行われ廃肉は仁志氏と全国のアフィブロガーの食卓へと送られた。

次の更新には間に合う模様

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。