アフィカスはちまの帽子の下を見続けると手術の恐れ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 :名無しさん:2012/06/12(火)08:20:34 ID:P62qraU4Z
「今日眼科に行ってきたんだけど最悪手術と言われました。」

眩しいものを見続けると、目に痛みや熱さを感じたり、疲労感やめまいなどを覚えたりすることがある。
ひどくなると網膜が傷つき、最悪、障害が残る場合も。
同様の症状は古くから報告されており、イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイが晩年失明したのは太陽を望遠鏡などで観察したのが原因だったとも言われている。

今回の件ではアフィカスの頭を並みの薄毛だと思い込み長時間見続けることで重大な症状が発症してしまったようだ。

鉄平の頭を見るときはなるべく直視を避け、日食グラスを用いるなどしたい。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。