アフィカスはちま、自分の置いた爆弾に挟まれ死亡


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

先月未明、「ゴミの代名詞」や「薄汚いハイエナ」などの愛称で親しまれるアフィカスはちまさんが
爆発に巻き込まれ死亡しているのが発見された、享年23歳
調べによるとアフィカスはちまさんは肛門で性交渉をしたことのあるほどの仲のJinさんに
「ボムアップよこせ」「接待をしろ」などと違法な要求をし、ボムアップアイテムを不正に入手、
接待プレイをしたJinさんを爆殺、これによりJinさんは無事に死亡した
その後アフィカスはちまさんは順調にアフィで儲けた汚い金で工作員を雇い負け知らずとなったが
誤って上下に壁がある状態で左右に爆弾を設置してしまい死亡してしまったが、周囲から
「みそボンになるのでは?」などと心配されたが、
みそボンになることなく無事に死亡し全員に安堵の表情が漏れた
なぜこのような誤操作が起きたのかアフィカス専門家のステマ監督さんに聞いてみたところ
「僕の創作活動の基本は孤独」などと思わせぶりな鬱陶しい発言でコメントを拒否し周囲を険悪なムードにした
なお次の更新には間に合う模様
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。