アフィカスはちま、バックから挿され快楽死


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


1 名前:名無しさん[] 投稿日:2012/06/12(火)02:20:49 ID:H4pHQphVG
「ほぁあ」と鳴き声 はちま寄稿騒然

 「ほぁあ」「現実はGK!」。ゴキブリらでにぎわうはちま寄稿で10日、アフィカスはちまが突然、
JIN豚にバックから挿され、快楽死した。ロバの艶めかしい鳴き声と、豚から逃げ惑うゴキブリの悲鳴で、白昼のはちま寄稿は騒然となった。

 巨人小笠原(32)は、豚が被害者のアフィカスはちまさん(23)に馬乗りになっているのに出くわした。
最初はアフィカスはちまさんがのしかかられていると思い、助けるつもりだった。8931センチメートルほどの距離に近づいた時、
巨根に気づいた。

 豚は、抵抗するアフィカスはちまさんの精子まみれの手をふりほどき、巨根をねじ込んだ。「ほぁあ」。
鳴き声はどんどん、か細くなっていく。「何かにとりつかれたかのように、何度も何度も挿していた」
と、現場の出来事を嬉々として語った

この事件について、ステルスマーケティング系男子のステ丸さんは「世界線を越えたいと本気で思った、参った~」などと意味不明な発言を残している

なお次回の更新には間に合う模様
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。