アフィカスはちま、ピンストライプに射撃され死亡


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2008年4月、悪夢のような事件が起きた
「PSワールドの貴公子」「便所のゴミ箱あさり」などの
数々の輝かしい異名を持つアフィカスはちまさんが
ピンストライプに射撃され無事に死亡していたことが明らかとなった
事件直前にアフィカスはちまさんは親交の深いJinさんに
「クラッシュなんてヌルゲーwwwほぁwwwほぁあ~www」
などと自らの脳に欠損があることを示す発言を残し、
ステージ『クールなピンストライプ』の攻略開始
その際ダメージを2度受け流してくれるアクアクをアフィカスゆとりさんは所持していたようで
死なぬのでは?と心配されていたが、無事に帰らぬロバとなったという
現在"クラッシュ"の版権を持つコンマイの大正義ステマ監督は
「喜びは声にしやすい。悲しみは声にならない。だからこそ、言葉がある。」
という含蓄のあるようでない発言をし
終始、"してやったり"といった表情で取材に応じていた
なお次回の更新には間に合う模様
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。