アフィカスはちま、難病を発症


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 名前:名無しさん[] 投稿日:2012/06/12(火)11:43:16 ID:VEllQYbIm
企業バレ、エア引退、名指しの転載禁止。様々な逆風をスルーしたロバに新たな壁
アフィカスはちま死刑囚が語彙が次第に消えていくという原因不明の奇病を患っていたことが
10日明らかになった。 1億人に1人とも言われる世にも珍しい奇病であり、発症から24時間で
ほぁ、ほぁという泣き声が死ぬまで止まらなくなるという恐ろしいものだ。
搬送先の豚小屋で緊急手術が行われ、患部のキンタマを触診したJIN医師(31)は
「捏造というよりは間違いだった!」と転載元に責任をタッチをする小学生並みの言い訳を開始
その場で射殺された。その後ゲームは1日1時間の教えに従い61分17秒、2日間に渡る大手術は成功し、
午後4時50分無事死亡が確認された。 なおアフィカスはちま死刑囚は景品の竹炭タオルにつられ
ドナー登録をしていた為、遺体はモツ煮込みとしてゴビ砂漠に廃棄され緑化計画の一助となる予定だ。

このニュースに大正義ステマ監督は「彼は本物のサムライだった」とコメントし急遽NEWラブプラスの
パッチ配信を延期し哀悼の意を表した。葬儀は15日に行われ喪主は永らくサイトの顔を務めたエステル氏。
なお次回の更新には間に合う模様。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。