rz┐
                          |//|    __,,____,、_、
                       , -─---- |//|、  /      \
                  / r─‐f'⌒く|//|.\/         \
                    / /  丿  .|//|つ \____        \
                { :{  ,{ ヾ  V/|つ, ―‐一只==ニニニニニニニ==z
                     ヽ. /   、   V|//      \i/\/、   \ / /
                           }   /| '      ハ ハ   ヽー===//_ _
                  /    ./`ヽ_//|         |  i|  IⅨ≠厶 ´  ̄ ̄ ̄`ヽ\
                 /     / ニニ= |//|         |  i|   } ハ        ヽ \  \\
                    /., ´.//|//|     ィ 丿 リ   ,i| iハ         ヽ   \\
             /        ./ノ / ./ '|//|   //'//    |  }             ヾ   \.ヽ
.           ─/       ./─ ", イ  |//|/ィ/}///// .イ / | ソ ,ハ           ',   | !
        // ̄,:       ′  イ    |//|≧x、l,ル ´,i/./ム斗 i/ /   ハ            ',  | !
      / /    ゙       `ヽ /,   ′ |//l弋tッ>,i/},/<tッア'/ /     \          、 l,丿
.      { {      ヽ        \ 、}ゝ、_|//|. `¨´}/ :i  `¨´ / /l、.    \          / 、
      \\    \          }ヽニニ|//|λ.    ′     /ル | \      ム       /i  \
       \\     ィ\     ┌マニニニ|//|ニユ 、 ‐ -  ィ /ハ   !   ‘,    ヽ       { |   ヽ
.          `¨´ ィ     \   \二 ./|//|三入> - <.{:| |N|ヘ从   ‘,    ‘,      ´      ',
         , イ         \)ヽ}ソV/i/|//|ニニニハ.: : : :  | |iニニムニ=-  ‘     ‘,
     /  , ィ         <二= fi/=|//|===y〉、: : , -=  =二ムニニニ=-      ‘,   \
    /  //       /< fl/二|//|r.===/     | }=「ニニニニニニニヘ.       ‘,     \
     //             /./ヽ.ニニ|//|{⊆ / ミ=-  -=.レ ユニニニニニニニニヘ      ‘ ,   ヾ\
    /´/         イ     /./  .}=/.|//||ニ /  _    ,:にニ\ニニニニニニ ヘ        ‘,    `
      '      /      /./   }/=.|//|lニ/   `ミ   ,/Ⅶニ/.ヽ ニニニニニ」         ‘,
          ィ´       { |   {r 、'/|z/  二 ヾ、 , / Ⅶ/ 二ハニニニニニム        i}      ハ
       //         .{ |   { \.\〈        //   .マ 二二}ニニニニニユ       i}        ',
     /  / ./             ヾ、   {三|,\ \       /    マ ニ二}ニニニニニユ       {
      | /       ,/       \に二二二  ∨  く/     マ 二リニニニニニニ{       {
      レ'     //          ヾ|=/___  ',=ミ 、      マニ/ ニニニニニニム       {
             / {         |ニ`ト─"´  弋.}ニ\ニ==-,,≦マ} ニニニニニニニニ〉      /!
              | /        _/ニニ「ZT┐    }ニニニニニニニニ=- .ニニニニニニニユ    / |
              レ'      ィ≦ニニニニ|//| .ゝ  /ニニニニニニニニニニニニニ=- ニニニ ユ  ] // |
                   / ニニニニニニ/|//|    ./ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-」  ) ./  |
              _/二二二ニニ/ j|//| ー== ¨ ̄ヾニ=- `ニニニニニニニニニ=- '     /   /
             /ニニニニニニニ /iiiii,' |//|.: . : . : . : . : . : . ..  : :' マニニニニニニニ>、 /  /
               ム二二二ニ/iiiiii/ |//|.: : . : . : . : .      . : {   マニニニニニニニニハ′ /

【プレイヤー】
蛇尾 ◆da/OxqexlM



【パーソナリティ】
秘匿部分用トリップ ◆Z82TBEY7wY
名前 神裂 火織 性別
流派 鞍馬神流
階級 中忍 仇敵 隠忍の血統
信念 表の顔 学生



【特技リスト】
(☆:通常、★:負傷)
器術:☆
斜歯忍軍
体術:☆
鞍馬神流
忍術:☆
ハグレモノ
謀術:☆
比良坂機関
戦術:☆
私立御斎学園
妖術:☆
隠忍の血統
2 絡繰術 騎乗術 生存術 医術 兵糧術 異形化
3 火術 砲術 潜伏術 毒術 鳥獣術 召喚術
4 水術 手裏剣術 遁走術 罠術 野戦術 死霊術
5 針術 手練 盗聴術 調査術 地の利 結界術
6 仕込み 身体操術 腹話術 詐術 意気 封術
7 衣装術 歩法 隠形術 対人術 用兵術 言霊術
8 縄術 走法 変装術 遊芸 記憶術 幻術
9 登術 飛術 香術 九ノ一の術 見敵術 瞳術
10 拷問術 骨法術 分身の術 傀儡の術 暗号術 千里眼の術
11 壊器術 刀術 隠蔽術 流言の術 伝達術 憑依術
12 掘削術 怪力 第六感 経済力 人脈 呪術


【忍法】
名称 タイプ 指定特技 間合い コスト 参照
接近戦攻撃 攻撃 怪力 1 0 P-78
神槍 攻撃 手裏剣術 3 1 P90
プロット制限 サポート 言霊術 3 P83
先の先 装備 なし P90
狭霧 装備 なし P91

背景
長所 稽古 弱点 武人


【奥義】
《唯閃》  【クリティカルヒット:意気】

【忍具】
  • 神通丸
  • 兵糧丸


【ハンドアウト】 PC番号:3
◆使命◆
儀式”蜘蛛堕とし”を成功させる。

◆秘密◆
 あなたにしか知らされていない情報だが、黄泉蜘蛛は儀式が正しく行われた場合でもクライマックスフェイズには復活してしまう。
 当然、儀式が行われ場合のほうが黄泉蜘蛛は弱体化しているが、それでも周辺への被害は少なくないだろう。
 また、予測される被害範囲にはあなたの妹が幽閉されている集落がある。忍務に乗じて、あなたは彼女を守らなければならない。
 あなたの真の使命は「復活する黄泉蜘蛛の討伐」である。


【情報/感情】(☆:取得)
対象 秘密 居所 奥義 感情
PC1
PC2
PC4
楔巫女
黄泉蜘蛛


【エニグマ】 【戦力】 解除
戦場ヶ原家 洗脳
黄泉の穴 蟲弾
大蜘蛛と退治する人々の壁画 異界の血
閑散とした集落 不破の種


【設定】
代々鞍馬神流の忍びとして忠を尽くしてきた一族の末裔
自らに流れる血を誇りに思っており、末裔として鞍馬神流に絶対の忠誠を誓っている
しかし、甘さを捨てきれず忠義に背くことも稀にあり、本人はそのことを気にしているとか

ちなみに、表ではギリギリ高校生らしい