※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【ミカエラ自身】

 ▼容姿
  基本的には、緑瞳・銀髪の、非常に美しく怜悧そうな娘です。
  服装は時代がかった紳士服を好みます。女服は普段着ませんが、着こなせないわけではありません。彼女の立ち振る舞いと弁舌
 の優雅さは、周囲の好感を抱かせるに充分なものです。が、付き合ってみれば、人格の奇矯さが知れます。
  
 ▼言動・モチベーション
  彼女は紳士を標榜する反面、非常に享楽的です。芸術から性交渉まで、様々な娯楽に耽るのを好みます。
  また、自らを「数万年前から生きるイモータル・エルフ」「ティル・タンジェルの公子」であると主張する悪癖があり、それが
 エキセントリックな行動へと繋がります。
  
  彼女がビズに楽しみを求めます。また、ビズの傍ら、密かに自らの素性を調査しています。その理由は、彼女自身も説明がつか
 ないようです。彼女は寂しがり屋であり、仲間と認めた人物は大事にし、しばしば付き纏います。
 
 ▼能力
  魔法使いとしても、交渉役としても、彼女は非凡な手腕を持ちます。道化じみた挙措に惑わされてはなりません。
  ティル・タンジェルの貴族階級にしか扱えない魔術様式に通暁していた、という噂もありますが、真偽の程は解りません。
 
 ▼樺太に来た理由
  彼女自身は、「故郷の政争に敗れた結果、ここまで亡命した」と自嘲交じりに主張します。
  移動(或いは亡命?)の中継地点として樺太を利用する筈が、そこに居着いてしまったのは事実です。坩堝じみたこの地域
 は、彼女の気質にも合ったのでしょう。
 
 ▼背景
  彼女の妄言は信用に値せず、取り巻く状況は混沌としていますが、以下に事実を四点記します。
 
 ・彼女の今までの生涯は、数十年程度である。第二世界生まれではない。
 ・彼女は記憶が混乱著しく、ティル・タンジェル公子という与太を自分で信じてしまっている。
 ・彼女はかのエルフ国家の、要人の係累である。
 ・自由精霊とは古い付き合いであり、記憶喪失前の彼女を知っている。
 
  彼女のエキセントリックな振る舞いは、何らかの事件でアイデンティティを失った事の裏返しです。択捉キャンペーン 
 は、彼女にとり自己を取り戻す過程でもあるのです。という事でGMよろしくお願いします。



チラシの裏&セッションルール

 ミカエラは自由精霊タム=リンと「精霊式の契約」を結んでおり、ルール的にはF7を越える護りの精霊である彼を召喚・束縛出来る立場にあります。しかし、それはバランス・ドラマの両面で上手くありません。
 ですので当キャンペーンにおいては、タム=リンの扱いを以下のように差し替えます。

1.データを持たない

 この自由精霊はデータを持たず、その能力や助力はノールール領域で扱います。
 彼の助力に関しては、下記に取り決めがあります。

2.助力とその代償

 ミカエラは自由精霊との契約に基づき、助力を請えます。彼は強力な自由精霊であり、様々な困難を解決して
くれるでしょう。しかし、助力は無制限ではありません。

 ・助力を受けるごとに、ミカエラの正気や記憶を捧げねばならない。
 ・GMが定めた回数制限がある

 この二点が制限となります。
 回数制限に関してはキャンペーンを通してGMが密かに管理します。それが尽きた時点で、ミカエラはあらゆる
正気とモチベーションを失い、GMに処理が一任される事となります。
 都合の良いデウスエクスマキナではない、という事です。

3.チラシの裏

 アニムスに分類され『好漢』と評されるタム・リンが何故このような取引を行っているのかは、諸説紛紛であ
り、彼の真意はGMに一任されています。
 ミカエラにとっては重要な煮えリソースですね。