※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■シャドウラン4thカジュアルキャンペーン

▼はじめに
 古きめんどくさいキャンペーンをしたいと考えています。

 多数のプレイヤーが気軽に参加できるよう金銭や経験値等のリソースは緩やかにし、舞台がどこかは明らかにせず、セッションの都度に必要な職能さえあればキャラクターが何者であろうと問わない、というのがこれまでのやり方でした。確かにこれは賢いやり方です。GMが誰であろうとキャラクターを使い回すことができ、楽にセッションを行えます。しかしこのやり方ではメリケンどものゲームを十二分に楽しむのに多少の物足りなさを感じてしまうのも事実です。

 そんなわけでキャンペーンです。PLにはひとつのキャンペーンのためだけにPCを作成してもらい、GMはその労に報いんと唯一無二の物語を提供します。他のPC達では成り立たない、参加PC達のためにチューンされたシナリオを作るのです。

 それはオープンなセッションよりも可能性を広げてくれることでしょう。もはやPCの死だけが破滅的な打撃とは限りません。GMの悪辣な罠はPCの家族を、友人を、財産を、あるいは能力をも標的として襲い掛かってくるのです。おっかねえ。しかし得られる報酬も、半ば定型化された金銭とカルマだけではないのです。頼りになる朋友、とびきりにブッ飛んだマジックアイテムやサイバーウェア、莫大なキャッシュ、あるいはストリートでの名声を掴むチャンスも転がっているのです。

 とはいえ加減や選択も必要です。PCを演じるためにどうしても失いたくないものがあればGMに告げておきましょう。どうしても欲しいものがあれば、それもGMに告げておきましょう。そうすることで奪うことは控えられ、手にするための機会が巡ってきます。それがコンセンサスというやつです。

▼参加人数等
 古きめんどくさいキャンペーンであり、オンラインセッションという形態、日程調整の手間を考えるとあまり多い人数ではできません。最少でPLが二人、多くても四人が限界だろうと考えています。しかし仮に四人のPLが集まったとしても、GM含め五人の日程を定期的に合わせるのは困難だと予想します。ですので参加PLが三人以上となった場合は、セッションに際して全員が揃わなくても「あいつはバカンスに行っている」「あいつは別のビズで忙しい」という演出で話を進めることとなるでしょう。

▼日程や時間帯
 主に平日の夜21:00~00:30をコアタイムとしてセッションを行う予定です。ごく小さな話であれば一晩で、それなりの話であれば二晩掛けてセッションをすることになるでしょう。土日祝日も利用できるのであれば利用したいところですが、休日の昼間を丸々使うようなセッションは少ないかもしれません。GMが土日に予定入ることが結構多いので。

▼その他1
 お喜びください。このキャンペーンでは非常にパワフルなPCを使用することができます。標準的な作成ルールで多少の経験を積んだPCを遙かに凌駕した性能のPCを操ることができるのです。手の届かぬサイバーウェアやイニシエーション、あるいはヴィークルを駆使してランをする機会がついにやってきたのです!

 ………

 身も蓋もない話をすれば。

 仮に参加者が二人の場合、各種のランを少ない人数でこなしてもらうために、沢山のBPとカルマを渡すというのが大きな理由だったりします。はい。

▼その他2
 実のところ、どのような話にするかはまだ決まっていません。舞台の候補はいくつか頭にありますし、PC達がチームを組むところから始めようと考えていますので、導入のシナリオは漠然と形になりつつあります。しかし、たとえばPC達は日銭に事欠きぼやきながら汚れ仕事を淡々と進めていくのか、あるいは魔法の神秘をテーマとして派手なファンタジーアクションをするのか、つまりどのような雰囲気のキャンペーンとするかは未定なのです。これについては参加を希望されるPLの要望を聞きながら決定していくことになるでしょう。

▼その他3
 このキャンペーンのためにPCを作成してもらうわけですが、今までのセッションにて使用したPCを組み替え流用しても構いません。これまでのセッションはいわば読み切りであり、これから本格連載スタートというわけです。読み切りと連載で設定がガラっと変わるのはよくあることです。

 ▼PC作成暫定ルール
 ・作成は500BPにて行います
 ・身体能力値と精神能力値には合計BPの半分、即ち250BPまで消費できます
 ・作成時の最大技能値制限は撤廃します
  技能値6以上の技能を複数取得して構いません
 ・無条件に得られる知識技能のBPは通常通りです
 ・有利な資質に費やせるBPに制限はありません
  不利な資質については通常通りです
 
 ・初期習得呪文数や複合体数に制限はありません
 
 ・1BPにつき得られる新円は通常の4倍となります(50BP/100万新円が上限)
  取得できる装備のレーティング、入手値、サイバーウェア及びバイオウェアの等級に制限はありません
  余った新円は2万新円を上限としてセッションに持ち越すことができます
 
 ・ランナーは既にライフスタイルを永続的に購入しているものとします
  この際にBPを消費する必要はありません
  PLが望むのであれば贅沢や上流を所持してもかまいませんが、
  一生遊んで暮らせる金を持ちながらもランナーをしている相応の理由が必要となるでしょう
 
 ・BPによるランナーの作成後、200点のカルマを追加で得ます
  イニシエイトや、グループ技能のどれか単独の技能を伸ばしたい場合はこのカルマを消費してください
  このカルマは10点まで持ち越すことができます
 
 ・開始所持金はダイスを振ってライフスタイルによる金額倍率を適用した後で更に10倍にします
  開始所持金決定時のダイスを調節するルールは使用しません ※P94右段下部参照
  開始所持金決定のダイス目は期待値が出たものとして計算しても構いません