※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セッション関連コンタクト

都 or 吉野  (ドラゴンの翻訳者・秘書) ♀

「ええい、ひかえおろー。ひかえろー! この方を誰と心得るか!」
                 ―――都
「はいはい、そんな言い方だと引かれてしまいますからねー。
 あ、戯言は気にしないで下さい。仕事の話やりましょうか?」
                 ―――吉野

ドラゴンである乙姫の翻訳者・秘書。覚醒者。

キラキラ輝くデコメガネが都。融通の全く効かない生真面目な女。
おだてに弱く、いろんなことにいまひとつ免疫が無い。
目立たないようにではあるが高度にバイオ・サイバー化しており、護衛でもある。

だるそうな目をしているのが吉野。
柔軟的で小(?)悪魔的。裏でいろいろ勝手に画策するタイプ。CV.みる。(ナニ)
ミスティック・アデプトの覚醒者。
都 資質:不運
吉野資質:幸運

佐藤香津美(シアワセに連なる役員の娘) 人間 ♀

「えぇ、下僕(したぼく)、わたくし様の為に働けることを光栄に思いなさいよ」

シアワセの企業重役であった故佐藤賢一のまだ少女と言ってよい娘。
これから血みどろの企業闘争に参加するべく画策中。
とはいえ、基盤はまだまだ弱く、彼女の立場は非常に曖昧なものとなっている。

佐藤香織(お嬢様学校の学生) 人間 ♀

「誠実であることを、忘れてはいけないと思うんです」

情報工学を専攻する点を除けば普通の女学生。
香奈枝の姉であり、香津美の従姉妹にあたる。
資質:平凡、不運

佐藤香奈枝(ストリートのアデプト) 人間 ♀

「かかってこいよ、テメェも世界も、全部ぶん殴ってやる!」

セッション中ではしゃべる機会すらなかった、香織の妹で、香津美の従姉妹にあたる。
トロールを蹴り倒す腕前と度胸はたいしたものだが、
金回りを含む境遇はあまりよくないようだ。
資質:アデプト、不運

木屋理亜(シアワセのコーポレイトセクレタリー) 人間 ♀ 30

「それでよろしいかしら、Mr.ジョンソン?」

シアワセのコーポレイト・セクレタリー。
抗争の結果、シャドウランナーに殺害されたシアワセの役員佐藤大介の元秘書。
ランナーの計らいで栄転できたようで、災難を回避できたことにある種の恩義を感じているかもしれない。
野心を抱きつつも、自分の程度も見極めて動ける人間。

西野 (映画愛好家のヤクザ) ドワーフ ♂ 40代

「『仁義の男 パート234』、ありゃぁほんま傑作やったで!!
 『賭博師ジョーン』とかもな、背中のもんもんに気合はいっとってなぁ……(うっとり」

メディア製作会社西浜トリッドの株主で映画愛好家の関西弁ヤクザ。
自分の趣味の為には無理しない範囲でいろいろ頑張ってしまう人。
しかし仕事の為とあらば他のヤクザの例に漏れず、どこまでも非情にもなれる。
資質:アルコール中度中毒

あけみ (娼婦) 人間 ♀ 23

「女が一人、夢くらいみたっていいじゃない。
 あたしはその為に生きるのよ」

元西野の愛人であったが、裏切りが露見し
【かねてからの夢であった】女優の夢をかなえてやろうと、西野に
『ポルノに出演させられ』風呂に沈められた。
最初は田舎くさかったが、磨いてみたら光った女。
”女”を武器に顧客の広い人脈を広げつつあり、警察・メディアに影響力を持ち始めている。
西野の事を恨み、復讐の機会を伺っているかもしれない。
資質:天賦の才(虚言)、不運

ヨハネ・カンゼオンボサツ 人間 ♂ 年齢不詳

「私はあのとき、神の声を聞いたのだよ」

 クラッシュ2.0の時に、テクノマンサー化し、サブマージョンにより悟りを開くに至ったハッカー。
本人はその時、神を見たのだと主張。
それまでの経歴を全て消去し、新たな人生として、神の下に生きることを選んだ。
順調にいきすぎて、現在では結構な数の信者を抱える新興宗教の教祖さまとなった。
 過去を盾にとった犯罪組織からの脅迫に身構えていたら、
実際に依頼されたのは撮影したトリデオ映画のCG加工で、困惑していたりする。
とはいえ、そこは一応プロ。宗教の宣伝もあわせてスゴ映像をつくっているらしい。
資質:テクノマンサー、卓越した魅力、苦手:ピストル、自動火器

汎用



※関わったPCは(コネ値2、忠実度1)でコンタクトを取得しても良い。
 1ポイントあたり1カルマの支払いで成長させても良い。