※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

平均的なセキリティ(ノバテク・エアウェア+アイリス・オーブOS):標準的な個人機器
 【レスポンス】 :3 【シグナル】:3
 【FW】    :3 【システム】:3
 【イニシアチブ】:6
 【マトリックス・コンディション・モニター】:10
 ハッキング目標値:3(+3/+6) 対抗[分析]3+【FW】3=6
 標準的な防衛手段:負荷を避ける。暗号化、囮ファイル
 標準的な警戒対応:警報FW+4→接続の遮断→攻撃ICの起動→(撃破されれば)シャットダウン・再起動
 最大使用IC数 :1つ
 ICのプログラム:攻撃、分析
 ICの判定値  :[パイロット]3+[ICプログラム]3=6

市販の限界セキリティ(フェアライト・キャリバーン+ノバテク・ナビOS):保安装置、アルファウェア、警備用ヴィークル、研究端末
 【レスポンス】 :4 【シグナル】:5
 【FW】    :3 【システム】:4
 【イニシアチブ】:8
 【マトリックス・コンディション・モニター】:10
 ハッキング目標値:3(+3/+6) 対抗[分析]4+【FW】3=7
 標準的な防衛手段:データよりもマシンの稼動が優先。重要データは暗号化、データ爆弾、囮、ICチェック。稼動プログラム数に注意。
 標準的な警戒対応:警報FW+4→追跡ICの起動(通報)→攻撃ICの起動→(撃破されれば)接続の遮断→シャットダウン・再起動
 最大使用IC数 :2つ
 ICのプログラム:ブラックハンマー、攻撃、分析、追跡、隠密
 ICの判定値  :[パイロット]4+[ICプログラム]4=8

サンプルセキリティ
 【判定に使う数値】=機器レーティング×2
 【マトリックス・コンディション・モニター】:機器レーティング1~2=9 3~4=10 5~6=11
 ハッキング目標値:機器レーティング(+3/+6) 対抗[分析]+【FW】=機器レーティング×2
 標準的な防衛手段:過負荷を避ける。暗号化、囮ファイル
 標準的な警戒対応:接続の遮断→シャットダウン・再起動

機器レーティング1:【判定】1or2、【イニシアチブ】2:無能 :一般家電、ボディウェア
機器レーティング2:【判定】2or4、【イニシアチブ】4:単純 :公共端末、娯楽システム
機器レーティング3:【判定】3or6、【イニシアチブ】6:平均 :個人機器、ヘッドウェア、ヴィークル、住居オフィス
機器レーティング4:【判定】4or8、【イニシアチブ】8:複雑 :保安装置、アルファウェア、警備用ヴィークル、研究端末
機器レーティング5:【判定】5or10、【イニシアチブ】10:高性能:高級機器、ベータウェア、軍用ヴィークル、セキリティ管理端末

いずれにせよ、システム値までのプログラムは走らせられない(ICを走らせないように注意されている)。